MEO対策

MEO(local SEO)の順位ってどうやって決まる?上位に表示させるために必要な5つのこと

更新日:

コジマ
こんにちは!編集部のコジマです。

飲食店や美容室、ジム、サロンなどの店舗型ビジネスにとって新規顧客獲得のための集客施策としてMEO(local SEO)対策は欠かせない手法の一つ。

MEO(local SEO)対策を行っていると、常に順位変動が気になりますよね。

数ヶ月MEO(local SEO)対策をしていると、

「MEO(local SEO)対策の順位ってどうやって決まってるんだろう…」
「MEO(local SEO)対策の順位が変わる要因ってなんなの?」
「MEO(local SEO)対策の順位を効率よく調べる方法ってないのかな?」

とあなたは疑問に思ってしまいませんか?

MEO(local SEO)対策を続けてはや3ヶ月・・・なかなか自分の店舗が上位に表示されないと、MEO(local SEO)対策の正解がなにか気になってしまいますよね。

ただここで1つ言えるのは、MEO(local SEO)対策において正解はない!ということなんですよね。

なぜなら、上位に表示されればそれが正解だし、上位に表示されなければ表示されるまで何かしらの施策として打ち手を打たなければいけないからですね。

ぶっちゃけ正解や不正解を考えること自体が間違っているんです。

しかし、順位変動はGoogleが決めているため、Googleのことを理解すれば、大体の順位が決められている基準がわかります。

そこで今回は、MEO(local SEO)の順位変動について徹底的に解説していきます。

さらに、実際にMEO(local SEO)の順位チェックの方法まで画像つきで解説していきます。

それではどうぞ。

MEO(local SEO)は1位と2位でクリック率(CTR)は倍も違う!上位に表示させる重要性

まず、そもそも上位に表示させることがなぜ重要なのか、ということを理解できていますか?

この答えはシンプルです。上位に表示されることでクリックされる確率が高くなるからということですね。

上記の画像はGoogle自然検索結果での掲載順位によるクリック率(CTR)を出したものです。

自然検索結果で約10%も違います。1,000回検索されたら1位の場合200人がクリックしてそのコンテンツを見られ、2位であれば100人ということです。

1位と2位だけでコンテンツが見れる人数が100人も違うということなんですよね。

コジマ
ま、あくまでもSEOでの話です。MEO(local SEO)はちょっと変わります。

MEO(local SEO)では多少の違いはありますが、3位以内にあるのか、それとも3位以下にあるのかでは、見られる確率は大きく変わってきます。

3位以下だと、MEO(local SEO)での「さらに表示」をタップした後に表示され、20位以下になるとそもそも表示されなくなります。

だからこそ、掲載されている順位を上位に上げることはとても重要なことなんですよ。

MEO(local SEO)では必ずしも1位じゃなくていいの?

先ほど1位にいるほうがクリックされる確率が高いと解説しました。

これは紛れもない事実です。

上記の画像は「新宿 居酒屋」で検索した時の検索結果です。1位にいることで一番上に表示されるため、ユーザーにとっては一番クリックされる確率が高くなるんですね。

しかし、1位にいるからといって必ずしもそのターゲットユーザーがお店に来店してくれるとは限りません。

「新宿 居酒屋」と検索しているターゲットユーザーは、まだお店選びに困っているんです。

「新宿の居酒屋でいいとあるかなー」
「新宿の居酒屋で個室が使えるところってあるかなー」
「新宿の居酒屋で美味しいところってどこかなー」

単なる単語である「新宿 居酒屋」ですが、この単語を検索しているターゲットユーザーの心理は様々です。

だからこそ、ターゲットユーザーはいろいろな店舗を見て比較したいと思っている人が多いんですよね。

比較をしたいと考えているターゲットユーザーが1位の店舗をクリックして電話したりルート検索する割合は非常に低いです。

つまり、1位に表示させなくても比較する店舗の中にあなたの店舗が含まれていれば、問題ないということなんですよね。

1位や2位、3位といった順位にこだわるよりも、確実に10位以内に表示させるといったほうが重要なんです。

MEO(local SEO)で検索順位が変わる要因とは?

MEO(local SEO)で検索順位が変わる要因はGoogleによって公開されているわけではありません。

しかし、Googleが掲げる10の事実を理解していれば大方の推測を立てることができます。

詳しく知りたい方は上記のリンクをクリックしてください。簡単に一言でまとめると、「利用者(ユーザー)にとってベストなコンテンツや情報を表示させる」ということ。

つまりユーザーファーストであるということなんですよね。

ではそのユーザーファーストを紐解いていくと、MEO(local SEO)対策の検索順位の変動は、

  • MEO(local SEO)対策
  • Googleアルゴリズムのアップデート
  • SNSや口コミサイトなどでの話題性(サイテーション)

の3つが考えられます。それぞれを初心者でもわかりやすく具体的に解説していきますね。

MEO(local SEO)対策

最も一般的なのは、MEO(local SEO)対策によるものです。

MEO(local SEO)対策では、ユーザーにとってベストなコンテンツを提供するための施策ということですね。

  • 店舗情報をわかりやすく正確に登録する
  • 写真や動画を掲載する
  • 最新情報を投稿する

どれもターゲットユーザーお店を探している人にとって、どのお店にするのかを決める判断基準ですよね。

逆に、

  • 適当な店舗情報しか登録されていない
  • 写真や動画は一枚も掲載されていない
  • 数年前の情報しか登録されていない

といったお店にあなたは行きたいと思いますか?さすがに思いませんよね。笑

つまりMEO(local SEO)対策とは、ターゲットユーザーにとってお店の情報を正しく提示するための、対策方法ということなんですよね。

だからこそ、検索順位の変動はMEO(local SEO)対策の施策によって掲載順位が変わる要因の1つということです。

Googleアルゴリズムのアップデート

Googleは、利用者がもっと快適に利用できるよう毎日アルゴリズムをアップデートさせています。

毎日アルゴリズムをちょっとずつアップデートすることで、利用ユーザーの満足度を高める努力を世界トップクラスのプログラマーなどが行っているんですよね。

このアップデートの中には、大型アップデートといわるものを半年に1回行います。

例えば、このMEO(local SEO)もアップデートで生まれた新規機能なんですよね。

「エリア ✕ 業種やジャンル」で検索したときに、その位置情報から近いお店やユーザーにとって満足できる店舗を表示させるという機能。

利用者にとってはいろいろなサイトを行き来して情報を探してお店を探す必要がなくなり、Googleのマップ上だけでお店を探すことができ、電話することができ、ルートを検索することができる。

ここまで使えるようになったのも、Googleが利用者のことを第一に考えてアップデートを行っているからなんです。

最近行われたアップデートでは、最新情報を更新しているコンテンツを重要視するといったもの。

つまり古い情報は検索結果に表示されなくなるということなんですよね。

このようにGoogleが定期的に行っているアップデートによって、検索順位は変動する要因となっています。

SNSや口コミサイトなどでの話題性(サイテーション)

こちらの話題性を作るに関しては、MEO(local SEO)対策対策のひとつではあります。

SNS上で話題になっているのは、ユーザーが欲している情報のひとつであるとGoogleは判断しています。

ぶっちゃけこれはGoogleだけでなくメディアなどもSNSの情報をすごく重要視しているんですよね。

速報ネタなんかは、SNSで情報を集めていたりしているマスメディアもあります。

てかほとんどがその手法になっています。スマニューとかはそれを重視していますよね。

だからこそ、GoogleもSNSで話題になっている、お店などはとても高評価をうけるんです。

話題性を生むためには、いいねやシェア、リツイートなどをつけることで、検索順位を上げることができたりします。

したがってSNSで話題性を作る、サイテーションと言うんですが、このサイテーションが検索順位に影響を与える要因のひとつです。

MEO(local SEO)で検索順位を上げるために必要な5つのこと

ここまでで、MEO(local SEO)での掲載順位が変わる要因について理解できたはず。

掲載順位の仕組みがわかってしまえば、あとはとっても簡単。その仕組に関する内容の施策を行えばいいだけということですね。

  • エリア分析・競合分析・KW分析などのMEO(local SEO)対策
  • 毎日投稿を心がけて常に最新情報を維持する
  • SNSで話題性が上がる方法を考える
  • 写真や動画などのコンテンツを充実させる
  • Googleガイドラインには違反しない

MEO(local SEO)の掲載順位をあげるための施策は上記5つ。それぞれ解説しますね。

エリア分析・競合分析・KW分析などのMEO(local SEO)対策

MEO(local SEO)対策でとにかく一番大事なるのが、エリア分析と競合分析、KW分析です。

Googleマイビジネスに登録する前に行う、分析なんですよね。

なぜなら、競合がひしめくところで戦っても競合に勝つことが厳しい可能性が高いです。

そして、競合強いところで上位に表示させることができても来店につながるかどうかはわからないからです。

2つの単語や語句から成り立つKW(先ほど解説した「新宿 居酒屋」)などはビッグキーワードと言われています。

このビッグワードで上位に表示されても、来店する確率が低いターゲットユーザーもいるからなんですよね。

しかし、「新宿 居酒屋 安い」で検索しているユーザーは、新宿のなかでもコスパの良いお店を探していると、ニーズが明確になっています。

  • 新宿 居酒屋:60,500
  • 新宿 居酒屋 安い:8,100

上記はそれぞれのKWで検索されている回数です。

多くの人は、「新宿 居酒屋」のほうが検索されているから、2つのKWでMEO(local SEO)対策を行ったほうがいいと考えます。

しかし、検索されている回数は多くても来店するユーザーが少なかったら意味がありません。しかも、競合が強すぎて上位に表示されなかったら意味がないですよね。

逆に「新宿 居酒屋 安い」で8,100回のうち、1,000回以上上位に表示させることができて、来店する確率が高ければ、この3つのKWのほうが集客効果が高いことになります。

つまり、Googleマイビジネスに登録する前に、エリア分析と競合分析、KW分析を行ってどのKWで上位に表示させるのかが、重要になるということなんですよね。

毎日投稿を心がけて常に最新情報を維持する

先ほども解説しましたが、最新情報を更新している店舗を上位に表示するとGoogleは提示しています。

したがって、MEO(local SEO)の順位を上げたければ毎日必ず更新するようにしましょう。

最新情報にしておくことは絶対に欠かせないことです。

更新する内容はなんでも構いません。

  • 本日限定メニューを更新する
  • 本日のスタッフ日記みたいなものをシフト制で投稿する
  • 本日限定の割引情報を投稿する
  • 本日の意気込みを投稿する

まずは内容を問わず、どんどん投稿していくことを意識していきましょう。

全く投稿しないよりは、意気込みでも投稿するだけで価値があります。

SNSで話題性が上がる方法を考える

MEO(local SEO)の順位変動要因として、SNSで話題になっているかどうか、ということを解説しました。

順位を上げるためにはSNSでの活気も必要になるということなんですよね。

ただ、「どうやってSNSでの話題性作るんだよー!」ってあなたは思っていませんか?

その気持ちわかります。SNSっていくらやっても効果がすぐにでるわけじゃないから、根気もいるし大変ですよね。笑

よくある簡単な施策の打ち手としては、

  • スタッフに出勤したら毎日投稿してもらう施策
  • 来店したお客様にSNSに投稿したら割引するなどの施策
  • そもそもSNSに投稿したいと思える、店内または料理を作る施策

などが簡単な施策ではないでしょうか。

SNSに投稿しやすい環境づくりや、SNSに投稿したいと思えるメニューを考えるのもありですね。

または、SNSにお店の独自情報を投稿して、ユーザーが店舗アカウントをフォローするメリットを作るとかです。

まずはアイデアベースでいいので、いろいろなアイデアをみんなで考えながら出してみましょう。

そしてコストがかからずできることからチャレンジしてみて効果を測定していくといいですね。

下記の記事ではインスタグラムのフォロワーの増やし方について解説しているので、気になる人はチェックしてみてください。

フォロワー減る人必見!インスタグラムのフォロワー増やし方を暴露

写真や動画などのコンテンツを充実させる

MEO(local SEO)の順位変動にとって欠かせないのが、コンテンツを充実させること。

コンテンツはユーザーがお店に来店する際に、重要視している1つのポイントです。

写真や動画は少なからず30枚以上投稿するようにしましょう。

写真や動画はキレイな画質のほうがいいですが、最初はクオリティをそこまで意識する必要はないです。

ぶっちゃけiPhoneとかデジカメであってもキレイな写真を撮ることができますからね。

店内のお客様が利用するスペースから実際に来店したお客様を対応しているような雰囲気の写真など、撮れる写真をいっぱいとってどんどん投稿していきましょう。

Googleガイドラインには違反しない

最後は注意事項になりますが、Googleガイドラインには違反しないことです。

要約: Google マイビジネスのリスティングは、顧客が訪れることのできる実在の店舗や拠点、または顧客のいる場所に出向くことができるビジネス向けにのみ作成することができます。停止されることのないリスティングを作成するには、禁止されているコンテンツを避け、ビジネスの内容を正確に反映したものにし、以下のポリシーに準拠する必要があります。

このガイドラインは、常に質の高いローカル ビジネス情報が Google に掲載されるようにすることを目的としています。このガイドラインを遵守すれば、ビジネス情報の変更や Google サービスからのビジネス情報の削除などの、よくある問題を回避できます。
引用元:https://support.google.com/business/answer/3038177?hl=ja

Googleガイドラインに違反してしまうと、MEO(local SEO)の順位変動どころか、停止されてしまいます。

順位を下げる要因のひとつになりますね。つまり順位変動に悪影響を与えることになりかねません。

MEO(local SEO)で検索順位をチェックする方法は?

中には、「MEO(local SEO)の順位をチェックする方法ってないの?」と思っている人もいるはず。

正直なところ、MEO(local SEO)の順位をチェックするツールなども流通しているが、正直おすすめしない。

なぜなら、正しい順位を調べることができないからです。

さらにスマホで順位をチェックしている人のほうが多いのがこのご時世。スマホでチェックするならツールよりも実際に検索するほうが簡単なんですよね。

また、Googleが提供している公式のツールであれば、正しい順位は表示されるがそのツールは未だリリースされていません。

したがって、実際に自分のスマホでMEO(local SEO)掲載順位を調べることをおすすめします。

でも、普通にsafariやGoogle Chromeで検索すると、自分の閲覧履歴なども含めて表示されてしまったりするので、検索するにはよっと工夫が必要です。

ここからは画像を含めて解説したほうが、初心者の方にとってはわかりやすいので、画像を使って簡単にわかりやすく解説していきますね。

【iPhone・Android】でMEO(local SEO)の順位を調べる方法

【Safari】でMEO(local SEO)の順位を調べる方法

プライベートモードで検索をする必要があります。

プライベートモードにすることで自分の過去の検索履歴が、検索結果に反映されないようになるからですね。

簡単に言うと、正しいMEO(local SEO)順位が表示させることができます。

では、プライベートモードに切り替える方法から実際に検索する方法まで、画像を使って簡単に解説します。

まずはSafariを開きます。右下の「タブ」のようなマークをタップします。

左下に表示される「プライベート」をタップします。すると、「プライベートモード」に画面が切り替わります。

画面中央したにある「+」マークをタップします。

そして、最後は画面上部に表示された「検索窓」でKWを入れて検索をします。

これでSafariでのMEO(local SEO)順位を調べる方法は完了です。あとは、実際にスクロールしていき、自分のお店が何位にいるのか調べてみましょう。

【Google Chrome】でMEO(local SEO)の順位を調べる方法

画面右下の「・・・」をタップします。

「新しいシークレットタブ」をタップして、開きます。

最後に画面上部の「検索窓」に調べたいKWを入れて調べて完了です。

とっても簡単ですよね。小学生でもできるほど簡単なので、実際にトライしてみましょう。

【PC】で検索順位をチェックする方法

Google Chromeをまずは開きます。Google Chromeをダウンロードしていない人は、まずはダウンロードするようにしましょう。

Internet Explorerよりも快適に使うことができますし、なれてくればいろいろな機能を付け足すことができるので、PCでの作業が快適になるからおすすめですよ。

むしろInternet Explorerを開発したマイクロソフトのクリス・ジャクソン氏が使わないように警告を出しているんですよ。

https://www.huffingtonpost.jp/2019/02/10/microsoft-ie-stop_a_23665793/

Google Chromeインストールはこちら

右上の「︙」をタップします。

「新しいシークレットウィンドウ」をタップします。

新しく表示された「シークレットモード」画面の「検索窓」で対象KWを入力して、MEO(local SEO)の順位を調べれば完璧です。

これでMEO(local SEO)の検索順位を調べる方法は完璧ですね。

スマホだろうがPCだろうがとっても簡単なので、実際にトライしてみましょう。

まとめ

今回はMEO(local SEO)の順位の仕組みについて解説してきました。

MEO(local SEO)の順位に関する公式な発表はされていません。

しかし、Googleはユーザーファーストを心がけており、ユーザーにとってベストなコンテンツを作ることができれば、それを上位に表示させるという仕組みになっています。

そのため、ターゲットユーザーが欲しい情報を盛り込むことで、MEO(local SEO)の順位を上げることができます。

選定したKWで検索するターゲットユーザーの気持ちになって、MEO(local SEO)の対策を行っていくことができれば、自ずと順位を上げることができることでしょう。

この記事で、MEO(local SEO)の順位をあげることができ、集客につながれば嬉しいです。

-MEO対策

Copyright© The Marketing , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.