MEO対策

【猿でもわかる】MEO(local SEO)のアルゴリズムを大解剖してみた!

更新日:

コジマ
こんにちは!編集部のコジマです。

今Googleが一番力を入れてるのがMEO、ローカル検索。

つまり「エリア ✕ 業種」などの検索によって、Googleマップを表示させる機能に力を入れているということ。

そしてGoogleを利用しているユーザーも

「食べログなどの口コミよりもリアルな口コミが見れるから便利!」などの理由から、Googleマップを活用する人が増えています。

ユーザーの行動の変化から食べログやぐるなび、HOT PEPPERを利用するユーザーが減少しているんです。

「食べログ」一強に暗雲か…Googleマップで店選びをする若者たち | bizSPA!フレッシュ

GoogleとしてもMEO(local SEO)に注力しており、ユーザーの利用頻度が増えていることを考えると、店舗ビジネスにとってMEO(local SEO)に力を入れたくなりますよね。

ただ、MEO(local SEO)対策を行うにあたって、

「MEO(local SEO)ってどんな仕組みで掲載順位が変わってるの?」
「Googleのアルゴリズムが・・・って聞くけど、アルゴリズムってなに?」
「MEO(local SEO)で上位に表示させるためにアルゴリズムについて知りたいから教えてほしい!」

と疑問に思っていませんか?

実は2019年9月5日のGoogleアルゴリズムアップデートによって、MEOの検索結果が20位以下は表示されなくなりました。

このような些細なアルゴリズムのアップデートが行われているんですよ。

結論から言うと、Googleのアルゴリズムは一切公開されていないんです!

「え・・・公開されてないって…そしたらMEO(local SEO)の対策ってやりようがなくない?」とあなたは思ったはず。

アルゴリズムは公開されていないけど、Googleがどうやってユーザーにコンテンツを提供しているかを知ることができれば、MEO(local SEO)の対策を行うことはできるんですよね。

そこで、今回はMEO(local SEO)のアルゴリズムについて大解剖していきます!

「エリア ✕ 業種」で検索するユーザーにGoogleがどんなコンテンツを提供しているのかを知るだけで、MEO(local SEO)のアルゴリズムを理解しても同然。

MEO(local SEO)のアルゴリズムを理解できることはもちろん、MEO(local SEO)の対策を行うことまでできるようになりますよ。

それではどうぞ。

この記事の目次

そもそもアルゴリズムってなに?

「え?てかそもそもアルゴリズムってなに?」と聞かれて、正しく答えることができますか?」

問題を解決するための方法や手順のこと。問題解決の手続きを一般化するもので、プログラミングを作成する基礎となる。
引用元:https://kotobank.jp/word/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0-532

ぶっちゃけよくわからないですよね。

簡単に説明すると、アルゴリズムとは掲載順位を決めるための仕組みのことです。

MEO(local SEO)で検索するときに、「エリア ✕ 業種」で検索すると、表示結果は常に変わっています。

その人の検索している内容の関連性やサイト自体の更新頻度、そのサイトの信用度など複数の仕組みで、Googleが分析を行って、ユーザーにとって一番ベストの検索結果を表示しているんですよ。

上記の分析するロジックのことをアルゴリズムといったりします。

冒頭でも解説しましたが、Googleはこのアルゴリズムを公表していません。つまり企業秘密なんですよね。

Googleのアルゴリズムは定期的にアップデートされている

Googleのアルゴリズムは常にアップデートが頻繁に行われています。

毎日ユーザーが検索を行ってどんな行動を起こしたのか、データとして蓄積しており、その蓄積されたデータを元に毎回検索結果を変えたりしているんですよね。

そして、6ヶ月に1回や1年に1回などの頻度で大型のアップデートをしています。

大型のアップデートを行うことで、大きく検索結果を変えてユーザーにとってベストのコンテンツを表示させるようにしているということですね。

直近のアップデートでいうと、2019年7月31日と8月2日。

【Google大変動】2019年7月31日と8月2日にGoogleで大きな順位変動|SEOラボ

上記の記事にあるように、アルゴリズムの大型アップデートによって掲載順位が大きく変動しているケースもあるということを覚えておきましょう。

Googleが公開しているMEO(local SEO)のアルゴリズム・掲載順位決定の仕組みとは?

MEO(local SEO)では主に、

  • 関連性
  • 距離
  • 知名度

の3つの情報が複雑に絡み合って順位を決定しています。そして、これら3つを元にGoogleアルゴリズムが自動的に、表示させる店舗を決めています。

それではそれぞれ、Googleが公表している内容を軸に具体例を踏まえて解説していきますね。

関連性

関連性とは、検索語句とローカル リスティングが合致する度合いを指します。充実したビジネス情報を掲載すると、ビジネスについてのより的確な情報が提供されるため、リスティングと検索語句との関連性を高めることができます。
引用元:https://support.google.com/business/answer/7091?hl=ja

検索されるキーワード「エリア ✕ 業種」に関連した情報が登録されている店舗を上位に表示させるということですね。

例えば、「渋谷 居酒屋」で検索すると下記のような検索結果が表示されます。

「渋谷 居酒屋」で検索する人は、「渋谷にある居酒屋を探している人」がほとんどですよね?

だからこそ、Googleマイビジネス上の詳細情報の中に、住所や居酒屋であることを登録することで、関連性を高めることができます。

あなたが「渋谷 居酒屋」で検索しているのに、渋谷のカフェが表示されても求めているお店と違い、Googleで検索しても満足のいく情報が得られないですよね。

したがって、MEO(local SEO)においてGoogleは関連性を大事にしているということです。

距離

距離とは、検索語句で指定された場所から検索結果のビジネス所在地までの距離を指します。検索語句で場所が指定されていない場合は、検索しているユーザーの現在地情報に基づいて距離が計算されます。
引用元:https://support.google.com/business/answer/7091?hl=ja

2つ目としては「距離」です。

MEO(local SEO)のアルゴリズムの中で第一に重要視されている項目ですね。

なぜなら、「渋谷 居酒屋」で検索しているユーザーに対して、新宿の居酒屋が表示されても、行きたい居酒屋を見つけることはできないからです。

もっと詳しく解説すると、「渋谷 居酒屋」で検索している人の中でも、宮益坂で検索している人と、道玄坂で検索している人では表示されている結果が異なる可能性もあるんですよね。

検索している人の位置情報も重視しているということです。

ちなみに宮益坂と道玄坂は、ここになります。一概に渋谷と言ってもある程度の距離があるんですよね。

知名度

知名度とは、ビジネスがどれだけ広く知られているかを指します。ビジネスによっては、オフラインでの知名度の方が高いことがありますが、検索結果にはこうした情報が加味されます。たとえば、多くの人に知られている著名な美術館、ランドマークとなるホテル、有名なブランド名を持つお店などは、ローカル検索結果で上位に表示されやすくなります。
引用元:https://support.google.com/business/answer/7091?hl=ja

3つ目は、知名度です。

Googleは知名度があるサイトやお店を高く評価する傾向があるんですよね。

「個人だったら戦いようがないんじゃんね!?」とあなたは思っていませんか?

コジマ
そんなことはないですよ!全然知名度がないところからでも上位に表示させることもできますよ。

まずそもそもGoogleが知名度を大事にする理由としては、ユーザーにとってそのほうがベストだからです。

知名度も実績もない企業が作ったお店よりも、知名度や実績がある企業が作ったお店のほうが、安心感がありますよね。

だからこそ、Googleは知名度を重要視していることなんですよ。

MEO(local SEO)のアルゴリズムを知ることで得られる3つのメリット

MEO(local SEO)アルゴリズムを知ることでのメリットとしては、

  • Googleが重要視している情報がわかる
  • MEO(local SEO)の検索結果であなたの店舗を上位に表示させることができる
  • MEO(local SEO)で見込み顧客を来店につなげることができる

の3つです。

それぞれを具体的に解説していきますね。

Googleが重要視している情報がわかる

MEO(local SEO)のアルゴリズムを知ることで、Googleが重要視している情報がわかるんですよね。

MEO(local SEO)のことやGoogleのことを何も知らないと上位に表示させることは難しいです。

何をGoogleが評価しているのかわかれば、現状を改善して上位に表示させることもさほど難しくないんです。

ここまででMEO(local SEO)のアルゴリズムを解説する上で、「ユーザー」というワードを多く使ってきました。

Googleにとって一番大事なのは、ユーザーファーストであること。

つまりMEO(local SEO)のアルゴリズムはユーザーにとってベストなコンテンツを届けることを行っているということなんですよね。

MEO(local SEO)の検索結果であなたの店舗を上位に表示させることができる

MEO(local SEO)のアルゴリズムを知ることで、Googleが重要視している情報がわかるのが1つ目のメリット。

2つ目のメリットとしては、MEO(local SEO)においてあなたの店舗を上位に表示させることができるという点です。

検索結果のすべてはGoogleのアルゴリズムで決定されています。

つまり、

  • アルゴリズムが知名度をとにかく重視しているのであれば、知名度をあげるための施策
  • アルゴリズムが更新頻度を重要視しているのであれば、更新頻度を高める施策

などを考えることができますよね。

MEO(local SEO)のアルゴリズムを理解することで、新たな施策を考えることができます。

このように新しい施策を行っていくことで、MEO(local SEO)での上位表示獲得ができるということですね。

MEO(local SEO)で見込み顧客を来店につなげることができる

3つ目は、上位に表示させることができれば、見込み顧客を来店につなげることができます。

MEO(local SEO)で一番大事になるのが来店につなげること。

そもそも集客施策として注目を集めているため、来店につなげることができなければ意味がありませんよね。

MEO(local SEO)で上位に表示させることができると、認知度が上がるだけでなく、来店につなげることができるのが最大のメリットです。

だからこそ、MEO(local SEO)のアルゴリズムやGoogle自体が重要していることを理解することがとても重要であるということですね。

MEO(local SEO)アルゴリズムを理解した後に上位表示させるための8つのやり方

MEO(local SEO)アルゴリズムを理解したら、次は上位に表示させるための施策を行っていきましょう。

  • 検索キーワードを決めておこう
  • 店舗情報を正確に登録しよう
  • 写真と動画を掲載しよう
  • 口コミを増やして必ず返信しよう
  • 「更に表示」などのネクストアクションボタンのタップ回数(反応率)
  • 外部サイトにあなたの店舗サイトのリンクを張ってくれる数(被リンク)
  • ネット上であなたの店舗に関連する発信などの数(サイテーション)
  • Googleマイビジネスの情報とホームページの情報などの関連性

の8つです。それぞれを解説していきますね。

検索キーワードを決めておこう

検索キーワードとは、「エリア ✕ 業種」で構成されている単語や語句のことです。

検索されているキーワードを決めることで、どんなキーワードで検索された際に、上位に表示させたいかを絞るということが必要です。

このキーワードが決まっていないと、登録するビジネス情報や飛び先のWebサイトの構成を考えることができないですよね。

「渋谷 居酒屋」に関連したKWと検索されている回数
KW(キーワード) 検索回数
渋谷 居酒屋 33,100
渋谷 居酒屋 安い 5,400
渋谷 居酒屋 個室 4,400
渋谷 居酒屋 おすすめ 2,900
渋谷 居酒屋 おしゃれ 1,600

上記の表は「渋谷 居酒屋」のキーワードの関連キーワードです。

「渋谷 居酒屋」以外にも様々な語句と単語で検索されています。

MEO(local SEO)のアルゴリズム・仕組みとして、関連度を重要視していましたね。

つまり、「渋谷 居酒屋 安い」に関連するお店と、「渋谷 居酒屋 個室」で関連するお店は異なりますよね。

検索されているキーワードと店舗の情報の関連性を高めるために、検索キーワードを決める必要があるということです。

店舗情報を正確に登録しよう

次に正しい店舗情報を登録するようにしましょう。

店舗情報が正しく設定できていないと、検索結果に表示されません。

ローカル検索において、店舗情報を正確に入れることは至極当然のこととして重要です。

なぜなら、検索するユーザーにとって住所が間違っていると、お店に行こうと思ってもたどり着くことができません。

したがって、間違えないように店舗情報を登録するようにしましょう。

写真と動画を掲載しよう

写真と動画はとても重要になります。

実際に「渋谷 居酒屋」で検索を行うと、上位に表示されているお店には様々な写真が掲載されています。

写真や動画の量も重要ですが、ある程度の質も重要です。

雑で写りが悪い写真や動画をアップしてもユーザーにとってベストなコンテンツじゃないでんですよね。

コジマ
実際にあなたがお店を探しているときに、写真や動画が汚かったら行きたいと思わないはず。
だからこそ写真や動画が重要ということです。

口コミを増やして必ず返信しよう

口コミを増やす施策を行いましょう。

MEO(local SEO)において、口コミの数と質はとても重要視されています。

理由はシンプルで、ユーザーが口コミを重要視しているからですね。

来店していただいたお客様に口コミを書いてもらうための施策を考えてみましょう。

そして口コミを投稿してくれたら、放置してはいけません。

必ず返信するようにしましょう。

ただし、一つ注意点があります。

自作自演の口コミを書いてはいけません。Googleガイドラインに違反する行為なんですよね。

したがって、実際に来店してもらったお客様にGoogleマイビジネスの口コミを書いてもらいましょう。

「更に表示」などのネクストアクションボタンのタップ回数(反応率)

Googleは実際に検索したユーザーがどのような行動をとったか記録をしています。

MEO(local SEO)で1店舗のサイトに訪れて、そのページを離脱して3店舗目のページに訪れて、電話予約をしたら、その行動をGoogleは記憶しているということですね。

そして、MEO(local SEO)で電話、経路案内、保存、ウェブサイトなどの、お店を探す行動を終了した店舗をGoogleを高く評価するんですよね。

また、クリックされる確率が高ければ高いほど評価をされたりするんです。

ネクストアクションボタンがクリックされるように、コンテンツを充実させていくようにしましょう。

外部サイトにあなたの店舗サイトのリンクを張ってくれる数(被リンク)

別のサイトからあなたのWebサイトを紹介してくれる数が多ければ多いほど、Googleは高い評価をしてくれます。

なぜなら、あなたのお店を紹介している人が多いということは、あなたのお店の認知度が高くサービスの質が良い、多くの人が利用するメリットがあるからです。

あなたの店舗のWebサイトが多くの人に紹介してもらえるようなWebサイトを作ることをおすすめします。

さらに、紹介をしてもらうための施策を考えてみましょう。

ただし、こちらも1つ注意点があります。

自分自身で別のサイトを立ち上げてそこから自社サイトへのリンクを張ったりすると、違反行為となるため、絶対にやってはいけません。

もし仮に違反してしまうと、MEO(local SEO)で上位表示は愚か、Googleマイビジネスのアカウントが停止してしまう可能性があります。

ネット上であなたの店舗に関連する発信などの数(サイテーション)

あなたの店舗に関連する内容がSNSなどで多く発信されていたり、シェアされていたり、いいねをされていると、知名度が高くGoogleから評価されます。

SNS上で話題が生まれてシェアやいいね、リツイートをされることをサイテーションって言うので覚えておきましょう。

なぜそもそもシェアやいいね、リツイートが多いと評価されるのかというと、ユーザーがそのお店に興味を持っている人が多いということになります。

「検索するユーザーにとってベストなお店である」という1つの基準になっているんですよ。

MEO(local SEO)で上位に表示させていくには、SNSへの投稿も連携させるようにしましょう。

Googleマイビジネスの情報とWebサイトの情報などの関連性

Googleマイビジネス上の情報とWebサイトに掲載されている情報は関連性を高くしましょう。

シンプルにGoogleマイビジネスに登録しているお店の情報とWebサイトの情報が違うのってありえないですよね。

クリックした後に、違う店舗の情報がでてきたら、知りたい情報がないと思い別のお店を探されてしまいます。

MEO(local SEO)で関連性の低いお店を上位に表示させることはGoogleはしたくないんですよね。

したがって、店舗名やビジネス情報と、Webサイトに掲載されている内容を必ず書くようにしましょう。

これでMEO(local SEO)のアルゴリズムを理解した上で、次に動く施策の内容は完璧です。

定期的に更新を行うようにして、更新頻度を高めMEO(local SEO)で上位表示獲得を狙いましょう。

MEO(local SEO)対策を自分で行う自信がない人はどうしたらいいの?

ここまでMEO(local SEO)のアルゴリズムについての解説と、その後の施策についての解説をしてきましたが、

「ここまでやるのってマジで大変そう…」
「こんな僕にもできるのかな…」

と不安に思っていることでしょう。

今までパソコン自体に触れてきたことがない人や、実際にWebサイトを作ったことがない人が多いはず。

そんな人がいきなりMEO(local SEO)対策を行うために、Googleマイビジネスに登録するのってちょっと難しいですよね。

そこでおすすめするのが、MEO(local SEO)対策業者に登録から施策の代行しましょう。

登録の代行から、キーワードの分析、競合店舗の分析などマイビジネスの登録前に必要なこともあったりしますからね。

MEO(local SEO)対策業者の中ではLim MEOがおすすめ

自分自身でMEO(local SEO)対策を行う自信がない人にとっては、優れた人工知能とプロのマーケターが行ってくれるLim MEOがおすすめです。

Lim MEOは、店舗型ビジネスを行ってる店長やオーナーに代わって、MEO(local SEO)対策を代行してくれるサービスです。

Lim MEOを利用するメリットとしては、

  • 個人店でも利用できるほどの低価格
  • 小学生でもわかるレポート
  • 小学生でもできるほど安心なサポート体制
  • 安心できるほどの実績

の4つです。それぞれを簡単に解説していきますね。

個人店でも利用できるほどの低価格

Lim MEOは1ヶ月19,800円。MEO(local SEO)対策業者の平均相場が3万円前後なので、とても安い金額で設定されています。

店舗にとっては1ヶ月の販促費用を2万円前後で抑えることができるのはシンプルに嬉しいポイントですよね。

しかし、ただ価格が安いだけで集客効果が見込めないと意味がありません。Lim MEOはコストパフォーマンスが良いことも利点。

なぜなら、1ヶ月2万円で、内部施策と外部施策をきっちりと行ってくれるからですね。

優れた人工知能を使ってKWを分析した結果をもとに、プロのマーケターがそれを精査して、最適なKWの提案や施策の提案ま行ってくれます。

ここまでサービスが整っているのは、The Marketingが調査した中ではLim MEOだけです。

小学生でもわかるレポート

MEO(local SEO)対策を行って気になるのは実際の成果。果たして集客効果があるのか?を知りたいですよね。

続きのコストに対してどのくらい送客効果があったのかが一番重要なポイント。

Lim MEOでは、登録した店舗のメールアドレスとパスワードでログインすることで、小学生でもわかりやすいレポート画面が設計されています。

さらに、月々2万円を払って実際どのくらいの人を送客できているのか、などを見ることもできるんですよね。

だからこそ、MEO(local SEO)対策の費用対効果を確認することもできるんです。

ただMEO(local SEO)の施策を行うだけでなく、その後の管理体制も充実している点は優れています。

小学生でもできるほど安心なサポート体制

今まで集客を自分でしてこなかった人にとって、実際にどうやってMEO(local SEO)対策をしていけばいいかわからない人も多いことでしょう。

さらに、MEO(local SEO)対策は店舗側の施策も大事になります。

ただ店舗としてどんな施策を取り組んだらいいか、いきなり言われてもわからないですよね。

しかし初心者の方でも安心して利用することができるよう、電話でのサポートなどもしてくれます。

そんのため初心者の人にとってもLim MEOは安心して利用することができます。

安心できるほどの実績

極めつけは実績。

実は先ほど紹介したMEO(local SEO)対策の実績は、Lim MEOを導入したあとでの効果です。

うなぎ屋さん

表示回数が4倍以上に増えています。

しっかりと狙ったKWで検索されたときに上位に表示させることができている証拠ですね。

このようなMEO(local SEO)対策の実績が高い評価を受け、3,000社以上の企業と取引を行い、84%以上の成果を上げることに成功しています。

ここまで成果がでているため、初心者でも安心して利用できるポイントですね。

上記4つのメリットがあるからこそ、Lim MEOがおすすめということです。

Lim MEOについて詳しく知りたい人は、以下の記事で解説していますので是非チェックしてみてください。

【効果抜群】LimのMEO対策の全て!特徴から申し込みまで解説

まとめ

今回はMEO(local SEO)のアルゴリズムについて解説してきました。

MEO(local SEO)のアルゴリズムとはGoogleのアルゴリズムであり、そのアルゴリズムは公開されていません。

しかし、Googleはユーザーファーストをかかげているため、ユーザーにとって有益なコンテンツをMEO(local SEO)では上位に表示させます。

したがって、検索するキーワードの奥に隠されたユーザーの悩みを理解し、そのターゲットユーザーにとってベストなコンテンツを充実させることが最も重要です。

Googleマイビジネスの情報を盛りだくさんにして、ユーザーに有益な情報を届けるようにしうましょう。

さらには、そのお店に来店したユーザーがリピートしてくれたり、良い口コミを書いてくれる人を増やすために、店舗内でのサービスや接客の改善を行うより良くなります。

MEO(local SEO)のアルゴリズムを理解するとともに、上位表示獲得を行い見込み顧客の来店、リピーターが増加し、お店の売上を上げることができたら幸いです。

-MEO対策

Copyright© The Marketing , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.