MEO対策

MEO業者って実際どう?選び方やメリット/デメリットを徹底解説

更新日:

コジマ
こんにちは!編集部のコジマです。

Googleの検索結果が変わりMEO(local SEO)を使った集客が一躍注目を集め、そのMEO(local SEO)の対策を行う業者が増えてきましたね。

ここまで増えてくると、

「MEO(local SEO)対策業者ってどこがいいんだよー!」とわからなくなってしまいますよね。

結論から言うと、適切な施策をしてくれるMEO(local SEO)対策業者を選ぶことができれば、間違いなく利用する価値があります。

最低限の販促費用だけで、最大限お客様を集客することができるんです。

逆にMEO(local SEO)対策業者の選び方を間違えると大損します。

「MEO(local SEO)対策業者ってなにをしてくれるの?」
「MEO(local SEO)対策業者を使うデメリット知りたい!」
「MEO(local SEO)対策業者の選び方やおすすめの会社も教えてほしいー!」

など、MEO(local SEO)対策業者に関する情報を知りたいですよね。

MEO(local SEO)対策業者の営業マンが来たり、友人・知人からやったほうがいいよと薦められても、わからないことだらけでは不安も残るはず。

そこで今回は、MEO(local SEO)対策業者の全てを暴きます。

  • MEO(local SEO)対策業者とは?
  • MEO(local SEO)対策業者のデメリット、メリット
  • MEO(local SEO)対策業者の選び方
  • おすすめのMEO(local SEO)対策業者BEST3

といった内容を解説していきますね。

最後まで読み進めれば、MEO(local SEO)対策業者について理解ができることはもちろん、あなたにピッタリの業者を選ぶことができますよ。

それでは参ります。

そもそもMEO(local SEO)対策業者とは?

そもそもMEO(local SEO)対策業者とは、MEO(local SEO)の対策を代行してくれる会社のことです。

2019年9月現在、「エリア ✕ 業種」で検索すると、検索結果にはGoogle MAPが表示されます。

上記の画像は「新宿 居酒屋」で検索したときの検索結果です。3店舗がGoogle MAPで表示され、その他にリスティング広告や自然検索結果が表示されています。

つまりMEO(local SEO)対策業者は、選定したKW(検索窓に入れる語句や単語のこと)で10以内または3位以内に表示させるために、対策を行う代行業者ということですね。

近年、Googleの検索結果が変わったこと、2020年に導入される5Gの影響でAR技術などが導入される可能性があること、などの理由によって店舗型ビジネスの集客方法として、注目を集めています。

これらの注目度によって、MEO(local SEO)対策を代行する業者は急増しているのが、2019年8月現在。

施策内容をはじめ、料金形態、契約形態、サポート体制など、業者によって様々です。

コジマ
MEO(local SEO)対策業者が増えることで本当に適切な対策をしているかどうか、怪しい会社が増えてきてるのが実情なんですよね。

MEO(local SEO)対策業者によっては効果が発揮できない!

MEO(local SEO)対策業者によってサービスが異なることは、先ほど簡単に紹介しました。

その中でもMEO(local SEO)対策業者によっては、全く集客効果を発揮することができず、大金を払うだけいわゆる大損してしまうケースもあるようです。

施策の内容によっては、店名のところに選定したターゲットを盛り込みすぎており、Googleのガイドライン違反をしてしまうこともあります。

Googleマイビジネスのガイドライン違反をすると、Googleマイビジネスのアカウントが停止されてしまい、Googleマップ上に表示することができません。

MEO(local SEO)対策業者にお金を払って依頼したにもかかわらず、効果が発揮できなかったら嫌ですよね。

コジマ
嫌というか、ありえないって感じ。笑

したがって、MEO(local SEO)対策業者を選定することはとても重要なんですよ。

MEO(local SEO)対策業者に依頼する3つのデメリット

  • MEO(local SEO)対策業者によっては料金がとにかく高い
  • MEO(local SEO)対策業者によっては施策内容が適切でない
  • MEO(local SEO)対策業者によってはGoogleガイドラインを違反している可能性もある

の3つのデメリットがあります。

順番に解説していきますね。

MEO(local SEO)対策業者によっては料金がとにかく高い

MEO(local SEO)対策業者によって様々ではありますが、料金が高すぎる会社もあります。

料金が高すぎると、販促費用がかかりすぎてしまい集客できて売上は上がってるけど、利益が残らない…となってしまいますよね。

売上を上げたり、お店の回転率をあげたり、来店数を増やしても、コストがかかってしまったら利益を増やすことはできません。

MEO(local SEO)対策業者によっては費用対効果が悪い会社もあるため、依頼する前に収支が整うかは吟味する必要がありますね。

MEO(local SEO)対策業者によっては施策内容が適切でない

MEO(local SEO)対策業者の中には、施策内容がはっきりしない会社が存在します。

「弊社は、外部施策と内部施策をきっちり行いますよ!」

などの薄っぺらい営業トークであれば、その会社との成約は避けるべき。

  • どんな外部施策や内部施策を行うのか?
  • その内部施策と外部施策が効果的な理由は?
  • 他社との違いは?

など確認すべきことは山ほどあります。

施策内容が適切でなければ、上位に表示させることはできませんからね。

MEO(local SEO)対策業者によってはGoogleガイドラインを違反している可能性もある

施策内容がGoogleガイドラインに違反している可能性があります。

要約: Google マイビジネスのリスティングは、顧客が訪れることのできる実在の店舗や拠点、または顧客のいる場所に出向くことができるビジネス向けにのみ作成することができます。停止されることのないリスティングを作成するには、禁止されているコンテンツを避け、ビジネスの内容を正確に反映したものにし、以下のポリシーに準拠する必要があります。

このガイドラインは、常に質の高いローカル ビジネス情報が Google に掲載されるようにすることを目的としています。このガイドラインを遵守すれば、ビジネス情報の変更や Google サービスからのビジネス情報の削除などの、よくある問題を回避できます。
引用元:https://support.google.com/business/answer/3038177?hl=ja

最近、MEO(local SEO)自体が注目を集めていることで、

  • 自分たちで口コミを書いて口コミ数を増やす
  • タイトルにKWをめちゃめちゃ盛り込む

などの施策を行ったりしている会社も増えているんですよね。

でも、上記2つの施策はGoogleマイビジネスのガイドラインを違反している行為になっているんですよ。

実際にMEO(local SEO)対策を行っている人は今すぐ違反していないか確認するべきです。

MEO(local SEO)対策業者にすでに依頼している人は、違反していないかを担当者に確認してみてもいいですね。

これからMEO(local SEO)対策業者に依頼する人は、事前に施策内容を確認してガイドラインに違反していないかチェックするようにしましょう。

以上がMEO(local SEO)対策業者に依頼するデメリット。

人間誰しも失敗することを恐れます。デメリットを覚えておき集客施策に失敗しないようにしましょうね。

MEO(local SEO)対策業者に依頼する3つのメリット

「デメリットは理解できたけど、これだったらMEO(local SEO)対策業者に依頼する必要なくない?」
「自分でやったほうが安心できる気がするんだけど、、、」

とあなたは思っていませんか?

しかしデメリットだけではなく、MEO(local SEO)対策業者に依頼することによってのメリットもあるんです。

  • 最低限のことだけを行うだけでいい
  • MEO(local SEO)対策業者を正しく選べば集客効果を発揮する
  • 見込み顧客獲得には費用対効果バツグン

の3つがメリットです。

上記3つをそれぞれ解説していきますね。

最低限のことだけを行うだけでいい


MEO(local SEO)対策業者に依頼することで、最低限の事だけを行うだけでいい。とどのつまりほぼ何もしなくていいってことですね。笑

最低限の施策だけを行うだけでいいって感じなんですよ。「最低限の施策って何?」と思うはず。

MEO(local SEO)対策業者は新規顧客獲得のための集客施策を行ってくれています。

しかし、MEO(local SEO)対策業者は、店舗での

  • お店の雰囲気作り
  • 接客
  • 新メニュー開発
  • Googleマイビジネスの口コミへの返信

などは行ってくれません。これらはあなた自信で行う必要があります。

いくら新規顧客を獲得しても、リピーターが増えなかったり、口コミが不評ばかりであれば来店数を上げることはできませんよね。

だからこそ、さらに新規顧客を増やすためや、リピーターを増やすためには、店舗内での努力が必要なんです。

具体例をもとに考えてみましょう。例えばアイスコーヒーを販売している店舗を考えてみてください。

  • ドトールではアイスコーヒー1杯220円
  • 有名ホテルのカフェではアイスコーヒー1杯1000円

同じアイスコーヒーでも販売価格は大きくことなります。しかし、有名ホテルのカフェの1000円のアイスコーヒーでも注文する人はいっぱいいます。

これはなぜでしょうか?

それはターゲットユーザーにとっての

  • 有名ホテルのカフェにいるというステータス
  • 落ち着いた雰囲気の店内で静かな時間を過ごせる
  • 店内での定員の接客がものすごく丁寧で居心地が良い

などの、+aである付加価値を提供できているからなんですよね。

したがって、具体的なMEO(local SEO)対策の施策に関しては業者に託して、お店でしかできない店内の施策を行うことができるということは、最大のメリットですよね。

サービスの質を上げることで新規顧客の獲得が増え、口コミ・レビューの評価が上がり、リピーターにつながる、さらには新規顧客の獲得も増やすことができるということです。

MEO(local SEO)対策業者を正しく選べば集客効果を発揮する

MEO(local SEO)対策業者の選び方を間違えなければ、正しい施策を行ってくれて10位以内に表示させてくれます。

10位以内に表示させることができるため、来店確率の高い「今すぐ客」を獲得できるんですよね。

だからこそ、MEO(local SEO)対策業者に依頼することで集客効果を発揮することができるんですよ。

MEO(local SEO)対策業者に依頼することで得られる最大のメリットですね。

見込み顧客獲得には費用対効果バツグン

MEO(local SEO)対策は、見込み顧客獲得に非常に強いです。

なぜなら、MEO(local SEO)対策はGoogleで「エリア ✕ 業種」で検索しているユーザーに対して、あなたのお店を知らせることができるからですね。

「エリア ✕ 業種」で検索しているということは、今から行くお店を探しているか、近日中にいくお店を探している人です。

そのため来店確率の高いユーザーを獲得することができるんですよ。

しかし、SNS広告をメインに集客をしようとしたら、来店確率の高いユーザーを獲得することはできません。

SNSを眺めている時間って暇なときなどが多いですよね。

いわゆるこれからどこかに行こうとしているときでないんです。だからこそ来店の確率はとても下がるんです。

SNSでの広告の場合は、どちらかというと「認知の獲得」に繋がります。

認知とは、「あ!うちの近くにこんなお店あったんだー」と知らせるという意味と理解しておいてください。

認知の獲得によって、あなたのお店の認知度は上がったとしてもそのお店に行こう隣る人は極わずか。

したがって、MEO(local SEO)対策業者に依頼して、効果を発揮することができれば見込み顧客獲得につながり、集客効果が抜群ということなんですよね。

MEO(local SEO)対策業者の適切な3つの選び方

  • 料金形態・契約期間・キーワード数などの基本概要の確認
  • 施策内容の確認
  • レポート機能などの契約後のサポート

の3つです。

MEO(local SEO)対策業者の選び方はとても重要ですよ。それぞれを詳しく解説していくので、ここで理解しておきましょう。

料金形態・契約期間・キーワード数などの基本概要の確認

ここは言わずもがなって感じですかね。笑

契約する前に契約内容を詳しく理解しておくことはマストです。

たまにありますが契約書には記載があるけど、「俺はそんな契約内容を聞いてない!こんなのは不正だ!解約させろ!」みたいなことがあります。

コジマ
これはぶっちゃけMEO(local SEO)対策に限ったことではなく、どんなサービスでもありますよね。笑

だからこそ、料金形態や契約期間、キーワード数などは確認するようにしましょう。

契約形態には、固定型と成果型があります。個人的には間違いなく固定型をおすすめします。

成果報酬型だと、選定するキーワードによってはほぼ簡単に上位に表示することができたりするんですよね。

しかし、上位に表示されることで料金が発生します。中には、固定型よりも1ヶ月費用がかかったりする会社もあります。

だからこそ、固定型を個人的にはおすすめするということです。そして予め契約期間も確認するようにしましょう。

成果報酬型の場合は、成果が出てから3〜6ヶ月または1年間の契約期間が多いです。

その期間は解約することができないため、もし仮に1ヶ月でMEO(local SEO)対策業者のコストが5万円だったとしたら、半年間で30万、1年間で60万円を販促費用がかかります。

そこを認識で予算を考えた上で、MEO(local SEO)対策業者を選ぶようにしましょう。

コジマ
販促費用をかけすぎても意味ないですからね。

施策内容の確認

とにかく最大重要事項になるのが、この施策内容の確認。施策内容はとても重要ポイント

  • 登録前の施策はどんなことをしてくれるのか?
  • 外部施策はどんな施策をしているのか?
  • 内部施策はどんな施策をしているのか?
  • 違反行為を行っていないか?

MEO(local SEO)対策で一番重要になるのが、実際にGoogleマイビジネスに登録する前の様々な分析。

エリア分析をして市場調査を行い、競合分析を行い競合との違いやどこの市場を狙っていくのかを定め、最終的にKWに落とし込んで登録を薦めていく。

上記のうような流れで分析を徹底的に行わければいけません。

ただ登録をしてただ施策を行っているだけでは、競合店舗にMEO(local SEO)の順位で上に表示させることはできないんですよ。

いくら簡単でも最低限の分析は必要です。

これらのような分析をどこまで行っているのか、その後具体的にどんな施策をしてくれるのかは確認するようにしましょう。

MEO(local SEO)対策に関しての具体的な施策内容について、「施策の内容って何があるの?知らないよー!」って人は、以下の記事で具体的な施策内容に関して紹介していますので、是非チェックしてみてください。

MEOで上位表示を獲得できる5STEP!失敗したくない人必見

レポート機能などの契約後のサポート

そして最後は、契約後のサポートですね。

MEO(local SEO)対策で大事なのは、契約してからではない。契約がゴールではないということですね。

最終的なゴールとしては、契約してから集客をし来店数を上げてリピート率を上げて、店舗の売上を上げ、利益を伸ばしておくことがゴールですよね。

そのため、契約後にどのくらいの費用対効果があったのか、を確認できるかが重要です。

契約後の表示された回数やルート検索数とかはGoogleマイビジネスのインサイト画面で確認できるので、MEO(local SEO)対策業者にはそれ以外の部分が確認できるかが重要なんですよ。

例えば、送客単価。1人のお客様を来店させるのにいくらの費用を使ったのかということですね。

  • 1ヶ月:19,800円のMEO(local SEO)対策費用
  • MEO(local SEO)経由での来店が100人

上記の場合、100人お客様を19,800円で獲得できたということになりますよね。

したがって、送客単価は「198円」ということになります。

このような実際の集客にかかったコストと、来店したお客様を知ることができるようなレポートなどがあるといいですね。

さらに、店舗での施策案の提案などをしてくれるMEO(local SEO)対策業者があれば、間違いなく優秀です。

これでMEO(local SEO)対策業者の選び方は完璧です。

MEO(local SEO)対策会社おすすめBEST3

  • 1位:Lim MEO
  • 2位:株式会社コーボー
  • 3位:株式会社ヒロタケ

1位:Lim MEO

Lim MEOは、優秀な人工知能を使いエリア分析や競合分析、キーワード分析を行います。

MEO対策で一番重要になるのが、上記3つの分析。

  • あなたの店舗のエリアでどのくらい検索されているのか?
  • 競合はどんな店舗があり、どんなKWで上位表示を獲得しているのか?
  • あなたの店舗はどのKWでMEO対策を行うべきなのか?

競合優位性を理解して、狙うべきKWを決めなくては、ずっと上位に表示することができません。

これらの3つの分析を優秀な人工知能とプロのマーケターが行ってくれます。

さらに、コンテンツの分析も行い上位表示に繋がるコンテンツ分析・改善までもしてくれるんですよね。

サービス開始から月日は立っていませんが、3,000社以上の企業との取引実績を持っており、84%以上の会社で成果が出ています。

競合他社は月額費用3万円以上かかりますが、Lim MEOは19,800円と破格の価格。

月々19,800円で充実サポート体制も利用者にとっては安心できるポイント。プロのマーケターが窓口となり、わからないことはなんでも回答してくれます。

「お店への集客対策としてMEOをやりたい!でもコストはできる限り安くしたい!」
「MEO集客したいけど、わからないことだらけだから、サポート体制が充実しているところがいい!」

と思っている店舗型ビジネスのオーナー様・店長様におすすめですよ。

2位:株式会社コーボー

株式会社コーボーが提供する、MEO(Local SEO)対策。

最大の特徴としては、予算に合わせて決めることができる選べる2つのプラン。固定型と成果型の2種類から選択できます。

契約期間は4ヶ月と他社に比べると比較的短い期間から契約が可能です。その後3ヶ月毎の契約になるため、4ヶ月で成果がでていなければ解約できるのは利用者にとって嬉しいポイント。

主な施策内容としては、内部施策と外部施策です。公式サイトには、効果的な内部施策と外部施策をしていくと掲載されています。

重要なのは、施策内容。お申し込みする前にかならず内部施策と外部施策の内容を確認するようにしましょう。

もし仮に、内部施策と外部施策を聞いても答えてくれない場合は、一旦他の企業と相見積をとるといいですよ。

内部施策と外部施策を含めて、「MEO(Local SEO)ってどんな施策ができるの?」と疑問に思っている人は、以下の記事で上位表示させるために必要な施策内容について解説しています。

ぜひチェックしてみてください。

MEOで上位表示を獲得できる5STEP!失敗したくない人必見

3位:株式会社ヒロタケ

3位は株式会社ヒロタケの成果報酬型のMEO対策。こちらは完全成果報酬型になるため、1ヶ月間成果が発生し続けると、3万円を超えます。

株式会社ヒロタケの特徴としては、MEO対策を行なった後の数値チェックなどがとても簡単に行えます。

レポート機能を用いることでGoogleマイビジネスに登録しなくても順位をチェックすることができたりするんですね。

そのため、わざわざGoogleマイビジネスにログインしなくて済みますし、いつ成果が上がって料金が発生したのかもしっかりとチェックすることができます。

ただし個人的には自分自身でGoogleマイビジネスにログインして正しいデータを確認することをおすすめします。

レポート内容が正しいのかは自分の目でみないとわかりませんからね。

レポート機能が充実していることは嬉しいですが、それ以外にどんな施策をしてくれるのかを確認するようにしましょう。

レポート機能よりも施策内容が第一に大事ですからね。

まとめ

今回はMEO(local SEO)対策業者について解説してきました。

ぶっちゃけのところ、正しいMEO(local SEO)対策をしてくれる業者は限られます。

そのため業者を見分ける力が必要になります。

見分ける力がないと、正しい施策を行ってくれないMEO(local SEO)対策業者を選んでしまい、集客効果を見込むことができません。

だからこそ、あなた自信がMEO(local SEO)に関する正しい知識を身に着けておきましょう。

-MEO対策

Copyright© The Marketing , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.