MEO対策

MEO対策を自分でやる方法!初心者でもすぐできる方法を解説

更新日:

コジマ
こんにちは!編集部のコジマです。

Googleでの検索結果が変わり、「エリア ✕ ジャンル」で検索すると、Googleマップが表示されることになりました。

ユーザーにとっても、実際にお店に来店した人の口コミなどをみることができると、利用者が急増しています。

利用者が増えたことで、飲食店や美容室、ジム、サロンなどの店舗型ビジネスにとっての集客方法として注目を集めているMEO(local SEO)。

店舗型ビジネスのオーナーや店長は、

「MEO(local SEO)対策を自分でやる方法を知りたい!」
「MEO(local SEO)対策で自分でできるのかな?」
「MEO(local SEO)対策が自分でできないならどうしたらいいんだろう…」

と思っていませんか?

今まで集客支援ツールを使ってきた店長やオーナーにとっては、MEO(local SEO)対策をシたほうがいいのはわかってるけど、どうやればいいかわからないですよね。

そこで今回は、MEO(local SEO)対策を自分で行う方法について解説していきます。

MEO(local SEO)対策を自分で行いたい、オーナーや店長様は必見ですよ。

それでは参ります。

MEO(local SEO)対策は自分でできる

「そもそもMEO(local SEO)対策ってできるの?」と思っていませんか?

結論からいうと、MEO(local SEO)対策は自分で簡単にできます。

最大の特徴は、他の集客方法に比べてできる施策の内容も限られているため、とっても簡単であるということなんですよね。

広告であればコストをかけて、相手の反応を数字でみて分析する必要があったり、SEOなら正解がわからない中、上位に表示させるために施策を行わければいけなかったり。

競合がプロのマーケターを使っていたら、マーケターよりも良いコンテンツを作らなければいけないんですよね。

ぶっちゃけ、広告やSEOなどって未経験の人がいきなり行って勝てる領域じゃないんです。

まだ可能性としてあるのはインスタグラムなどのSNSを使った集客方法。これは取り組んでいる店舗も多いことでしょう。

しかし、ここまで取り上げた広告やSEO、インスタグラムよりも簡単なMEO(local SEO)対策。

だからこそ、MEO(local SEO)対策は自分で行うことができます。

なぜ自分でMEO(local SEO)対策ができるのか?

ではなぜ、MEO(local SEO)対策は自分で行うことができるのかというと、

  • SEO対策に比べて競合が少ないから
  • 初期コストも継続的なコストもかからないから
  • できる施策内容が明確だから
  • 小学生でもできるほど設定が簡単だから
  • 必ず1位に表示させなくてもいいから

の5つです。それぞれを具体的に解説していきますね。

SEO対策に比べて競合が少ないから

SEO対策はMEO(local SEO)対策に比べて、競合がとても多く強いです。

多くの企業や店舗がSEO対策を行っていたり、個人ブログなどのアフィリエイターがSEO対策をしています。

そこに挑もうとするということは、長年SEOに関して研究し施策を実行してきた人たちがライバルになるわけです。

一夜漬けの人たちで勝てるレベルじゃないってことなんですよね。

しかし、MEO(local SEO)であれば競合は同じエリアの同じ業種のみ。

渋谷で居酒屋を運営していたら渋谷居酒屋のみということですね。

コジマ
渋谷だと居酒屋が多いから競合店舗も多くなりますが、、笑

これがSEOだと、渋谷の居酒屋について取り上げている、食べログやぐるなび、HOT PEPPER、一休、個人ブログのアフィリエイトサイト、と競合がひしめいています。

すなわち、MEO(local SEO)対策であれば競合が比較的少なくなるからこそ、自分で行うことができるということなんですよね。

初期コストも継続的なコストもかからないから

広告であればお金を払って広告を出すことができます。

集客媒体とかだと、掲載料は無料でもネット予約が発生することで課金されたり、上位に表示させるためにはコストをかけなかったりしなきゃいけませんよね。

この仕組だと、お金を持っている企業レベルでしかちゃんとした集客を行うことはできません。

しかし、MEO(local SEO)対策は、Googleマイビジネスに無料で登録するだけで始めることができます。

そして、上位に表示させるためにコストをかける必要もないんですよね。

つまり初期コストも継続的なコストもかからないからこそ、自分で行うことができます。

できる施策内容が明確だから

MEO(local SEO)対策は、これまでの集客方法に比べてできる施策内容が限られています。

基本的には、Googleマイビジネス上の情報を充実させたり、更新頻度を高めたりするのが最低限の施策になります。

むしろ、Googleマイビジネスの情報を充実させることが10位以内に表示させるために一番重要なんですよね。笑

しかもGoogleマイビジネス上に登録できる情報は限られています。

  • 店名やお店の補足説明
  • ビジネス情報(電話番号など)
  • 写真や動画

ぐらいなんですよね。

つまり写真や動画をどのくらい充実させるかという点です。

自分のスマホでお店の内観や外観などを撮影してアップするだけでMEO対策ができちゃうんです。

めちゃめちゃ簡単ですよね。笑

ですから、MEO(local SEO)対策は自分でできるってことです!

小学生でもできるほど設定が簡単だから

上記はGoogleマイビジネスに登録する画面の一部です。

画面に表示される指示に従って内容を登録していくだけなんですよ。

コジマ
めちゃめちゃ簡単。むしろ小学校のテストのほうが難しいくらいですよね。笑

誰でも簡単に設定できるほど簡単な画面設計になっているため、MEO(local SEO)対策を自分で行うことも簡単なんですよね。

必ず1位に表示させなくてもいいから安心してMEO対策ができる

極めつけは必ず1位に表示させなくてもいいという点です。

SEO対策などだと、1位に表示されるのか10位に表示されるのか、クリックされる確率が大きく変わります。

上記の画像はSEO上でクリックされる確率をグラフにしたものです。1位と10位では約20%の違いがあるんですよね。

しかし、MEO(local SEO)対策では1位に表示されなくても、10位以内に表示させることができれば、あなたのお店がクリックされる確率は非常に高くなります。

なぜなら、検索するユーザーは1店舗だけでそのお店に決めたくはないからなんですよね。

「新宿 居酒屋」で検索して、「さらに表示」をタップすると、MEO(local SEO)の検索結果ができてます。

左側にずらっと競合店舗が並びますよね。検索ユーザーはこの検索結果をみて、いろいろな店舗の情報をみて比較してから、実際に来店する店舗を見つけます。

つまり1位に表示されたから必ず来店に至るというわけではないんですよね。

1位に表示させるのは難しくても、10位以内に表示させることはそこまで難しくありません。

したがって、MEO(local SEO)対策は自分で行うことができるほど簡単な集客施策なんです。

これで完璧!MEO(local SEO)対策を自分でやる7つのSTEP

では、MEO(local SEO)対策を自分でするにはどうしたらいいのか、簡単に7つのステップ形式にしました。

  • STEP1:エリア分析をしよう
  • STEP2:競合分析をしよう
  • STEP3:キーワード分析をしよう
  • STEP4:分析結果をもとにGoogleマイビジネスに登録しよう
  • STEP5:店舗情報を充実させよう
  • STEP6:SNSやネット上で知名度をあげよう
  • STEP7:口コミをたくさん集める施策をしよう

です。それぞれのステップをわかりやすく解説していくので、一緒に実践していきましょう。

STEP1:エリア分析をしよう

結構ありがちなのが、「よーし!MEO(local SEO)対策自分でできるならとりあえずやるっしょ!」という無謀な行動。

この初速の速さはとても素晴らしいことです。しかし、始めるにしてもまずは分析が必要です。

闇雲にスタートしても上位に表示させることはできません。

まずは分析をして、その分析結果を元にスピードを持って行動していきましょう。

その上で一番大事になるのは、エリア分析。対象のエリアでどんなKWで検索されており、そのくらいに検索回数があるのか、などを調べる必要があります。

なぜ、この分析が必要なのかというと、そもそも検索されている回数が0回だったら、どんなMEO(local SEO)対策を行っても意味がないですよね。笑

なので、まずはエリアについて知るために分析を行っていきましょう。

STEP2:競合分析をしよう

次に同じエリア内でどんな店舗があるのか、競合店舗の調査を行いましょう。

競合の店舗がどのKWを狙ってMEO(local SEO)対策を行っているのかは知る必要があります。

競合店舗がめちゃめちゃMEO(local SEO)対策に取り組んでいて強いとすると、なかなか上位に表示させることは難しいですからね。

逆に言えば、競合が全然MEO(local SEO)対策をしていなければ、狙い目ということになります。

すぐさま行動してMEO(local SEO)対策を自分で行って、集客していきましょう。

STEP3:キーワード分析をしよう

これまでの、エリア分析と競合分析をもとにKW(キーワード)分析をしていきましょう。

このKW分析で、どのようなKWで検索されたときに上位に表示させるのか、というのを絞ります。

  • 「渋谷 居酒屋」で検索されたときに上位表示を狙うのか
  • 「渋谷 居酒屋 おすすめ」で検索されときに上位表示を狙うのか
  • 「渋谷 居酒屋 個室」で検索されたときに上位表示を狙うのか

といったように検索される内容によって、ユーザーが欲している情報が変わるため、検索結果も変わります。

どのKWにするかを決めたら、Googleマイビジネスに登録していくようにしましょう。

ここで注意点が1つ。かならずしも検索されている回数が多いKWが良いわけではないということ。

Googleで検索されている回数
KW 検索回数
渋谷 居酒屋 33,100
渋谷 居酒屋 安い 5,400
渋谷 居酒屋 個室 4,400
渋谷 居酒屋 おすすめ 2,900
渋谷 居酒屋 おしゃれ 1,600

上記の表は、「渋谷 居酒屋」に関連している検索KWとその回数です。

「渋谷 居酒屋」が検索されいてる回数が一番多いんですが、このKWは競合店舗がめちゃめちゃ多く強いんですよ。

どのくらい難しいかというと、野球未経験者がメジャーリーガーと対戦するくらい難しいんですよね。笑

到底敵うわけ無いですよね。笑

だからこそ、狙うべきは「渋谷 居酒屋 おしゃれ」とかむしろもっと検索されている回数が少ないニッチなKWがいいんです。

検索されている回数が500回しかなかったとしても、500回検索されたうち500回10位以内に表示させることができれば、少なからず250回くらいはターゲットユーザーがあなたのお店を見つけてくれます。

したがって、狙うべきKWを間違えないようしましょう。

STEP4:分析結果をもとにGoogleマイビジネスに登録しよう

ここまでのステップ3までができたら、やっとスタートラインです。ここで上記のKWを意識して、Googleマイビジネスに登録するようにしましょう。

  • KWを含めた読みやすい店舗名
  • KWを含めた読みやすい説明文
  • KWを含めたWebサイト

などを意識して登録していきましょう。

ここで大事なのは、読みやすいかどうかです。

よくあるのが、KWを盛り込みすぎて日本語がおかしくなったり、読みにくくなってしまったりするケース。

これは最悪です。読みにくい文章はユーザーにとって不快感を与えてしまうもの。

そしてGoogleからも低評価を受けることもあります。

したがって、読みやすくてKWに関連した情報を盛り込んでおくということを意識しましょう。

STEP5:店舗情報を充実させよう

Googleマイビジネスに登録が終わったら、続いては店舗情報を充実させること。

お店の内観や外観などの写真を増やしたり、動画などの素材を増やすという感じですね。

店舗情報は多すぎってくらい増やすことをおすすめします。

多いほうが検索しているユーザーにとって、そのお店にいくかどうかの判断材料のひとつになります。

そしてその結果、Googleから高評価をもらうことができ、10位以内に表示させることができるようになるんですよね。

あとは、毎日継続して更新し続けるようにしましょう。最新更新になっているほうがGoogleから高い評価をもらえるからです。

STEP6:SNSやネット上で知名度をあげよう

Googleマイビジネス上の情報が充実してきたら、SNSやネットで知名度をあげていきましょう。

SNSで多くシェアされていることで、この店舗が話題になっていると、単純にあなたのお店に来店するユーザーが増えますよね。

さらに、SNS上で話題になっていると、Googleからも「このお店人気なんだな」と高評価を得ることができます。

SNSでシェアされたりすることをサイテーションと言うので覚えておきましょう。(別に覚えなくても不便はないですが、笑)

ただここまで読み進めると、

「え。SNSでシェアしてもらうにはどうしたらいいの?」
「SNSで自分のお店が話題になるのってむずかしくない?」

なんて思っちゃいますよね。

その考え、間違っていません!ここが一番むずかしいんですよ。

簡単な施策といえば、

  • SNSに投稿してもらう500円引き
  • フォロー&#〇〇で投稿すると、5%引き

とかが簡単な施策ですかね。あとは、今後も集客に活かすためにSNSのアカウントを育てるになります。

この最後のSNSのアカウントを育てることを個人的にはオススメします。

店舗のインスタグラムアカウントを増やしたいのであれば、以下の記事でインスタグラムのフォロワーの増やし方について解説していますので、是非チェックしてみてください。

フォロワー減る人必見!インスタグラムのフォロワー増やし方を暴露

STEP7:口コミをたくさん集める施策をしよう

そして最後に口コミをたくさん集めるようにしましょう。

検索ユーザーにとって一番重要になるのは、口コミ。お店を決める決め手になります。

口コミを増やすための施策としては、

  • 来店したお客様に口コミ書いてもらったら次回30%OFF
  • 率直な口コミを書いてくれる友人・知人を招待する
  • 口コミを書くことを生業にしている人に依頼する

などが主な施策内容になりますね。

ここでやってはいけないことは、自分自身で適当な口コミを増やすこと。これはGoogleからの低評価に繋がります。

したがって、実際に来店してもらったお客様に書いてもらうように施策を行っていきましょう。

これでMEO(local SEO)対策は完璧です!

最初の分析が難しいかもしれませんが、あとは努力次第で成果をあげることができます。

悩んでいても仕方がありませんので、どんどん実行していきましょう。

MEO(local SEO)対策を自分でやるときの注意点

MEO(local SEO)対策を自分で行うときには注意点があります。

MEO(local SEO)対策はGoogleのプラットフォームを利用して行うため、Googleのルール、いわゆるガイドラインを守る必要があります。

ガイドラインに違反すると、Googleマイビジネスのアカウントが停止、または凍結するリスクがあるんですよ。

Google マイビジネスのリスティングは、顧客が訪れることのできる実在の店舗や拠点、または顧客のいる場所に出向くことができるビジネス向けにのみ作成することができます。停止されることのないリスティングを作成するには、禁止されているコンテンツを避け、ビジネスの内容を正確に反映したものにし、以下のポリシーに準拠する必要があります。
引用元:https://support.google.com/business/answer/3038177?hl=ja

上記はGoogleマイビジネスのガイドラインです。

これからMEO(local SEO)対策を自分でする人、実際に今MEO(local SEO)対策を自分で行っている人はしっかりとチェックするようにしましょうね。

これまでのMEO(local SEO)対策を自分でやれない人は代行業者を利用しよう

ここまでMEO(local SEO)対策を自分で行う方法について解説してきましたが、

「Googleマイビジネスに登録するくらいは簡単だけど、分析ってどうやるんだろう」
「MEO(local SEO)対策を自分でやってるけど、なかなか成果でないだよなー…」

と、うまくMEO(local SEO)対策を自分でやっても、上位に表示させ集客に活用できない人もいますよね。

そんな人は、ずっと自分でやり続けて成果がでないよりは、「できる人に委託して自分はできることをやる!」という方針にすることをおすすめします。

なぜなら、得意なことを全力で取り組んで、得意じゃないことは得意な人に任せる、これはこれで大事なスキルだからですね。

しかしその中でも、MEO(local SEO)対策の代行業者を見極める必要があります。

MEO(local SEO)対策業者の中には、成果がでてもコストがかかるところあったりするんですよね。

そのため、どんな施策を行うのか、その成果に対する費用対効果は良いのか、見極める必要があるんです。

見分けるポイントとしては、「MEO(local SEO)対策の具体的な施策内容」ですね。

具体的な施策内容がイケてないと、10位以内に表示することができないことがあります。

事前に施策内容をMEO(local SEO)対策代行業者に確認し、費用対効果が良いのかどうか確かめるようにしましょう。

MEO(local SEO)対策を依頼するならLim MEOがおすすめ

The Marketingが施策内容をもとに調査をした結果、Lim MEOが一番おすすめです。

Lim MEOを利用するメリットとしては、

  • 個人店でも利用できる価格設定
  • 小学生でもわかるレポート機能
  • 小学生でもできるほどのサポート体制
  • 安心できるほどの実績数

の4つです。それぞれを簡単に解説していきますね。

個人店でも利用できる価格設定

Lim MEOは1ヶ月19,800円。MEO(local SEO)対策業者の平均相場が3万円前後なので、とても安い金額で設定されています。

店舗にとっては1ヶ月の販促費用を2万円前後で抑えることができるのは嬉しいポイント。

安すぎても信用できないですし、高すぎて成果がでなかったらコストパフォーマンスが良くないですからね。

なぜLim MEOがおすすめなのかというと、1ヶ月2万円で、適切な施策を行ってくれるからですね。

優れた人工知能を使ってエリア分析や競合分析、KW分析をした上で、プロのマーケターが提案してくれるからです。

小学生でもわかるレポート機能

MEO(local SEO)対策を行って気になるのは実際の成果。

ぶっちゃけ果たして成果がでているのかって気になりますよね。

上記の画像ではLim MEOでのレポート管理画面の一部です。

全て公開することはできないようなんですが、送客単価まで見ることができます。

コジマ
正直、送客単価までみることができるのはびっくりしましたね。笑

送客単価まで見ることができるということは、費用対効果があっているのか精査することができるということですね。

小学生でもできるほどのサポート体制

今まで集客を自分でしてこなかった人にとって、実際にどうやってMEO(local SEO)対策をしていけばいいかわからない人も多いことはず。

さらに、MEO(local SEO)対策は店舗側の施策も大事になるんですよね。

その中でもLim MEOは、初心者の方でも安心して利用することができるようサポート体制が充実しています。

そのため初心者の人にとってもLim MEOは安心して利用することができます。

安心できるほどの実績数

先ほど紹介したMEO(local SEO)対策の実績は、Lim MEOを導入したあとでの効果です。

うなぎ屋さん

表示回数をはじめ様々な数値が4倍以上に増えています。

しっかりと狙ったKWで検索されたときに上位に表示させることができている証拠ですね。

このようなMEO(local SEO)対策の実績が高い評価を受け、3,000社以上の企業と取引を行い、84%以上の成果を上げることに成功しています。

上記4つのメリットがあるからこそ、Lim MEOがおすすめの理由であり、Lim MEOを使うメリットですね。

Lim MEOについて詳しく知りたい人は、以下の記事で解説していますので是非チェックしてみてください。

【効果抜群】LimのMEO対策の全て!特徴から申し込みまで解説

まとめ

今回は、MEO(local SEO)対策を自分で行う方法について解説してきました。

MEO(local SEO)対策は、従来の集客方法である、SEO対策などに比べ競合が少なく比較的上位に表示させることができます。

2019年現在、注目を集めいている集客方法であり、Googleとしてもマップの情報を充実させることを重視しています。

そのため、今後も集客をするためには必要となる方法です。

MEO(local SEO)対策の適切な施策をインプットして、自分たちでアウトプットを行い集客を行えるようにしましょう。

-MEO対策

Copyright© The Marketing , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.