Instagram使い方

【失敗したくない人必見】インスタグラムマーケティング成功・失敗事例を紹介

更新日:

コジマ
こんにちは!編集部のコジマです。

インスタグラムの利用者は確実に増え、日本国内での利用者数は約43%にも増えており世代・性別はとても広がってきています。

インスタグラムは多様化してきており、実際にインスタグラムの投稿を見て、アクションを起こしたことがある人は、なんと82%もいるというデータが出ています。

これだけの数字があるため、企業にとってもマーケティングのひとつとして、インスタグラムを活用する事例が多く出てきています。

この記事に訪れたあなたは、

男性
「インスタグラムマーケティングの失敗事例や成功事例を知りたい!」
「インスタグラムマーケティングってそんなにうまくいくのかな?」
「インスタグラムマーケティングってどうやったら成功するのかな?」

なんて思っているのではないでしょうか。

そもそもインスタグラムマーケティングとは、インスタグラムを使って集客を行ったり、何かしらの商品を販売したりすることです。

そんなことはわかっていても、実際にどうやったらインスタグラムで集客したり、商品を販売したりできるの?と思ってしまいますよね。

僕自身も初めはインスタグラムでマーケティングなんてできるの?そんなことできるのはフォロワーの多い有名人や著名人だけじゃないの?なんて思っていました。

しかし、知名度など関係なくあなたの使い方次第で、インスタグラムマーケティングを成功させることは可能なのです。

そこで今回は、インスタグラムマーケティングの失敗事例から成功事例までをご紹介した上で、成功させるための秘訣をご紹介します。

一歩間違えると失敗事例のようになってしまうこともありますので、成功するための方法をこの記事で理解しておきましょうね。

それでは参ります。

インスタグラムマーケティングでよくある失敗事例3選

僕がいろいろと調査して、「インスタグラムマーケティングって成功事例しかないのか…?」と感じました。あなたも思っているのではないでしょうか。

しかし、全員がインスタグラムマーケティングに失敗した人がいないなんてことはあり得ないことですよね。

そして僕の身近な人など100人以上に調査してみた結果、やはり失敗した事例はありましたのでご紹介します。

フォロワーを買ったら全く集客できなかった

男性
フォロワー買ってフォロワー数めちゃめちゃ増えたのに集客ができなかったんだよね。。

100人に調査したところ、4割ぐらいの割合でインスタグラムのフォロワーを買えば集客ができるや商品が売れると考えている意見が多くありました。

インスタグラムマーケティング失敗事例として、一番やってはいけないことです。フォロワーを買ったら失敗すると思っていいでしょう。

なぜなら、インスタグラムでフォロワーを買えるのはダミーアカウントだからです。ダミーアカウントとは架空のアカウントで、全く活動していないアカウントを買っていることになります。

そのためあなたが投稿した写真や動画にいいねやコメントが全くつきません。たまにあるのがフォロワー1万人なのにいいねが5件とかのアカウントあったりしますよね。

これがインスタグラムのフォロワーを買っているアカウントです。

インスタグラムマーケティングでは、ただフォロワーを増やすのではなく、質の良いフォロワーを増やすようにした方が、インスタグラムマーケティングに成功しますよ。

以下の記事でインスタグラムのフォロワーを買う行為に対して、詳しく解説していますのでよければチェックしてみてください。

【絶対NG】インスタグラムでフォロワーを買うと失敗する2つの理由!

商品やサービスとマッチしていなかった

女性
私のフォロワーだと、化粧品とか興味ない人が多いんだよね。商品とかサービスとマッチしているかどうかとか全然考えてなかったわ。

次に100人のうち3割が、インスタグラムでのブランディングと商品やサービスがマッチングしていなかったという事例です。

あなたが売りたい商品とあなたのインスタグラムでのブランディングの関連性はとても重要です。

仮にあなたが旅行をメインとしたブランディングだったとしましょう。そのアカウントで化粧品の告知をしても商品を買ってれる人って限られますよね。

なぜなら、あなたのブランディングに惚れたフォロワーは、旅行の写真や動画などをみたいと思ってあなたをフォローしています。化粧品に興味があったり美容に興味があってフォローしている人は少ないです。

したがって、商品を購入してくれる人は少ないですよね。

インスタグラムのブランディングと商品やサービスなどが、マッチしているかどうかはとても重要ということです。

フォロワーを増すことはできたが、成約に繋がらなかった

男性
フォロワー増やすのってまじで余裕じゃねってくらい簡単に増えたんよね。ただ、なかなか成約に繋げることができないんだよね…まじで難しい…

そして100人のうち1割が、フォロワーを増やすことはできたが、集客や成約に繋げることができなかったようです。ただただフォロワーを増やそうとするのも、インスタグラムマーケティングに失敗してしまうする事例のひとつです。

フォロワーを増やすのであれば、量より質を重視するようにしましょう。

東京の世田谷区で飲食店を経営していたとして、そのお店に集客したい時を具体例として考えてみましょう。

シンプルにここで重要なのはエリアで、東京の世田谷区で飲食店を経営しているのに、大阪の人がフォロワーに増えても意味がないですよね。また、コンビニ飯ばかり食べている人がフォロワーにいても来店してくれることは限りなく少ないです。

つまり、しっかりとしたターゲッティングでインスタグラムのフォロワーを増やしていかなければ意味がありません。

インスタグラムマーケティングで意識することは、質を意識していきましょうね。

以下の記事ではインスタグラムのフォロワーは量より質が大事であるということについて、詳しく解説していますのでよければチェックしてみてください。

インスタグラムはフォロワーの数より質が重要!あなたのファンを作る方法

正しい方法でやらないインスタマーケティングは失敗する

インスタグラムマーケティングの失敗事例のように、正しい方法でインスタグラムマーケティングを行わない限り意味がありません。

ただ、フォロワーを増やしたりなんとなくブランディングをして商品を販売しても何も意味がありません。

むしろ何も戦略を持たないでインスタグラムマーケティングを行おうとしているのであれば、時間が勿体無いのでやめたほうがいいと言っても過言ではありません。

でも、「もっと売り上げを出したい!」「今よりももっと集客しなきゃいけないんだ」って思っていますよね。

コジマ
僕自身も最初は集客したいけどどうしたらいいんだよ…ブランディングってどうやるのがいいのさって全くわかりませんでした。

安心してください!そこまで難しく考える必要はありませんよ。成功事例から学びやることをひとつずつ整理して進めていけば、どんな人でも簡単に戦略を持ってインスタグラムマーケティングを成功させることができます。

インスタマーケティング成功事例3選

インスタグラムマーケティングの成功事例をご紹介していきます。

インスタグラムをマーケティングツールとして利用し始めた理由を踏まえて解説していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【飲食店】東村山こまちうどん

「東村山のこまちうどん」さんは、インスタグラムの使い方も知りませんでした。美味しいおうどんを使っているけども、どうやってお店に来店する人を増やしたらいいのか、わからなかったようです。

しかし、これから先どうやったら美味しいうどんが食べられるようになるのか、悩んでいました。

ところがあるきっかけにより、インスタグラムでの集客を始めることになりました。(このキッカケにについては後ほど紹介しますのでお楽しみに。)

ではそんな「東村山のこまちうどん」さんのインスタグラムはどのように活用されているのかみていきましょう。

まずは、プロフィールですね。綺麗に整理されていてとてもみやすいです。プロフィールを見ればどんなお店であるのかはっきりとわかりますね。

飲食店のアカウントで重要なのは、「お店の場所・営業時間・定休日」などの情報は絶対入れておくのが大事です。そして欠かせないのは、「インスタ特典」ですね。

インスタグラムをみてきたらサービスなどの特典をつけましょう。インスタグラムはTwitterやFacebookとは異なり拡散力が低いSNSです。そのため、実際に来店したお客様にインスタグラムで投稿をしてもらうことで、お店を知る人が増えてくれますよね。

お店をアピールチャンスでもあるので、インスタグラムマーケティングを実行するのであれば「インスタ特典」は欠かせない手法です。

上記は実際の投稿です。投稿の写真には統一感を持たせ、投稿文章にはついうどんが食べたくなるようなコメントつき。ただの感想文のような投稿文章になっていないこともいいですね。

1つの投稿にいいね数が700くらいついています。いいねの数はその人のフォロワーがアクティブな人が多い証拠になります。そのため「東村山のこまちうどん」さんにはファンが多いということですね。

インスタグラムマーケティングで重要なのは、ターゲットされたファンがどのくらいいるのかです。投稿してもいいねされずに、フォロワーも増えなければ意味がありませんよね。

実際にいいね数、フォロワー数ともに増加し、お店への来店に繋がっています。

【美容室】ALBUM

美容室の「ALBUM」さん。こちらのお店はインスタグラムでの集客は美容室で一番と言っていいほどのお店です。美容室を運営している人で、インスタグラムマーケティングをしようと考えている人は、ぜひ参考にするべきアカウントでしょう。

フォロワー数は38.8万人。投稿数も3,000件近い数字を誇っています。常に投稿されていることがわかりますね。

 

✔style by @hikaru.kinugawa 【 #ALBUM動画_アレンジ_ロング 】 ↑別パターンはこちら↑ . cut + color ¥3,500~ double color ¥8,000~ treatment ¥2,000~ etc... ※店舗により料金が異なります。 . . ゴム1つアレンジ . ゴム1つで可愛くオシャレになるためのアレンジ . . こちらのスタイルは 原宿店の衣川 光( @hikaru.kinugawa ) が担当いたしました! . 何かご不明点がございましたら お気軽にコメントください。 . 担当スタイリストからも コメントいたします! . ALBUM( @album_hair ) . . TV、CM、映画、広告、タレント、 ミュージシャン、雑誌、ブライダルなどの ヘアメイクも承っております。 . 【お問い合わせ先】 ALBUM OFFICE TEL / ‪03-6712-5547‬ FAX / ‪03-6712-5548‬ MAIL / info@album-hair.com . . . #ミディアム #ロブ #セミロング #ミディアムヘア #美容室 #美容院 #ヘアサロン #wedding #ヘアアレンジ #アレンジ #簡単アレンジ #くるりんぱ #ポニーテール #簡単ヘアアレンジ#美容師 #ヘアカタログ #髮型 #髮型師 #髮型設計#攝影 #染髮 #发型 #護髮 #日系髮型#ทรงผม #헤어 #염색 #단발머리 #haircolor

ALBUM Official Instagramさん(@album_hair)がシェアした投稿 -

投稿内容も統一されています。投稿されるのは基本的に動画での投稿。SNAPやHOW TO動画がメイン。女性の投稿がメインのため、女性にとってはぜひフォローしてチェックしたいと思えるアカウントです。

インスタグラムでみたヘアセットなどをプライベートで活かすことも可能。フォローする側にとってフォローするメリットを感じることができるのがいいですね。

インスタグラムマーケティングにおいて、ただ写真や動画を投稿するだけでは意味がありません。インスタグラム上で、共感を得ることができたり、何かを学ぶことができるような投稿をすることはとても重要です。

【個人事業主】kento yoshida

セミナーなどの集客を担当したり、営業活動を行なっている「kento yoshida」さん。インスタグラムを活用し、人を集めることに長けている方のようです。

フォロワー数は1.3万人。個人で1万人を超えているインスタグラマー。プロフィールはおしゃれで綺麗にまとまっていますね。

URLなどのリンクが貼られているため、具体的に何をしているのか気になったらチェックすることもできます。

こちらの投稿のいいね数は2,584。かなりのいいね数ですね。人を集めることができるのは、それだけファンが多いという証拠。ダミーのフォロワーではなく、アクティブのアカウントがフォロワーに多いということがわかりますね。

投稿文章にもこだわっています。会社を設立した模様。充実していて、みているととても羨ましいと思える投稿です。

僕もフォローしていますが、とても充実して人生を楽しんでいることがとても伝わってきます。

個人でインスタグラムマーケティングを行うのであれば、仕事への集客ばかりではなく、プライベートなどの投稿を心がけることが大事です。インスタグラムはあくまでも日常を投稿をしたり、友達の日常の投稿をみたりしている人がほとんどです。

そのため、仕事の集客ばかりを投稿していると、フォロワーから煙たがられてしまう可能性があり、フォロワーが減る要因になります。

インスタグラムマーケティングの成功事例から学び、あなたのインスタグラムの活用の仕方で参考にしていきましょう。

インスタマーケティングを成功させるための7の秘訣

インスタグラムではビジネスアカウントを作ることができます。ビジネスアカウントにすることでボタンが追加できたり、URLが入力できたり、いろいろな数値を見ることができます。

インスタグラムマーケティングの成功事例でも紹介したアカウントは全てビジネスアカウントです。なのでビジネスアカウントにすることは必須です。

成功の秘訣は7つで、

  • 目的・目標を明確に決める
  • ターゲットを決める
  • ブランディングを考える
  • プロフィールを充実させる
  • 投稿写真に統一感を持たせる
  • 投稿文章を工夫する
  • 適切なハッシュタグをつける

です。

それぞれを解説していきますね。

目的・目標を明確に決める

インスタグラムでマーケティングをするには、目的と目標が必要です。目的と目標を設定しなければ、効果が出たのか実感することができません。

また、目的も目標もなく続けても今やっていることが正しいことなのか実感することができません。そのため、目的と目標を明確に設定しましょう。

しかし、注意点があります。数値で目標を立てるということです。

よくありがちなのが、インスタグラムでマーケティングを行い、「来店数を増やそう!」とか「売り上げを出そう!」などの曖昧な目標を設定するのはよくありません。

数値的ではっきりと達成したか、してないかがわかる目標が理想的です。上記のようなものは、あくまでも目的です。

例えば、目標を「インスタグラムからの来店数を月10人増やそう」としたとします。

来店数を10人増やすのが目標だとしたら、フォロワー数の1%が来店してくれるとしたら、1000人のフォロワーが必要。1000人のフォロワーを獲得するためにどうしたらいいのか?などの施策を考えることができますよね。

上記のように明確な数字で目標を設定することにより、どんな施策を行えばいいのか?わかります。また、1ヶ月が経過した後に実際に何%達成しているのかということも知ることができます。

何が原因で達成できたのか?または達成できなかったのか?を考え、次の施策を考えることもできますよね。

目的と目標をまずは設定するようにしましょう。

ターゲットを決める

目的と目標が決まったらターゲットを決めましょう。ターゲットとは簡単にいうと、あなたの商品やサービスを提供したい人がどんな人なのか?を決めることです。

このターゲットはとても重要です。例えば、渋谷の恵比寿で美容院を経営していたとしましょう。

渋谷の美容院を経営しているのに、インスタグラムでのフォロワーの多くが外国人だったとしたら来店数は増えませんよね。したがって適切なターゲットを設定することはとても重要になります。

ターゲットの選定は具体的であればあるほどいいです。マーケティングにおいては、ペルソナなんて言ったりしますね。

考えられるのであれば、「年齢・性別・住んでいる地域・趣味」などターゲットの人物像がわかるまで考えられるとベストです。

ターゲットをきっちり決めて、そのターゲットにどのように自分のお店を知らせることができるかを考えましょう。

ブランディングを考える

ターゲットが決まったらブランディングを考えましょう。ブランディングとは、どのようにターゲットへあなたのインスタグラムアカウントを見せることができるのか、考えることです。

このブランディングもとても重要です。ブランディングを間違えるとターゲットにあなたのインスタグラムアカウントを知らせることができないかもしれません。

先ほどの例では、恵比寿の美容院を経営しているにも関わらず、美容の写真ばかりをあげていても美容院への来店を増やすことができませんよね。

来店を増やしたいのであれば、先ほどのインスタグラムマーケティングの成功事例で紹介した「ALBUM」さんのように、ヘアセットの仕方などを投稿していた方が来店には繋がります。

そのため、ブランディングを考えることが重要です。また、ブランディングの中で他社との競合優位性などもあったらベストですね。

フォロワーの人が思わず、「このお店に行きたい!」「このお店いいから友達に広めたい!」なんて思ってもらえるようなアカウントだと、ブランディングは完璧と言えるでしょう。

プロフィールを充実させる

プロフィールを充実させましょう。

インスタグラムのアカウントであなたのページに訪れて、5秒以内に離脱する人は74%いると言われています。

100人いたら74人の人は、あなたの過去の投稿履歴を見ずに帰ってしまうということですね。そのためプロフィール欄が一番大事です。

プロフィール欄は、あなたの「第一印象」だと思ってください。綺麗におしゃれで見やすいプロフィールを作成することを心がけましょう。

上記の写真のように箇条書きで作成するのがおすすめです。

また、先ほどのインスタグラムマーケティングの成功事例を参考にして作成してみてもいいですし、好きなようにみやすく作ってもいいでしょう。

インスタグラムのプロフィール欄についてより詳しく知りたい人は、以下の記事で作成していますので、よければチェックしてみてください。

【実体験】インスタグラムのプロフィールを変えたらフォロワー激増

投稿写真に統一感を持たせる

投稿写真は統一感を持たせるようにしましょう。よくありがちなのは、1枚ずつの写真の加工にこだわってプロフィールページで見ると統一感がなくなってしまいます。

こちらの画像のようにバラバラで統一感がないアカウントは、インスタグラム上であまり好まれません。

1枚の写真よりも9枚をワンセットとした統一感の方がインスタグラムにとっては重要です。

上記の画像は、9枚ワンセットとしてみて綺麗に整えられていますね。色やカメラのアングルなどひとつひとつの加工にも統一感を持たせることができています。

統一感を持たせるだけで、おしゃれなインスタグラマーのようなアカウントを作ることができますよ。インスタグラムマーケティングの成功事例で紹介した3つのアカウントも統一感がありますよね。

あなたがインスタグラムで写真を投稿する際に気にするところはこのような統一感を持たせることです。

インスタグラムの統一感については下記の記事で具体的に解説していますので、よければチェックしてみてください。

【簡単テクニック】インスタグラムで統一感を出せばフォロワーは伸びる!

投稿文章を工夫する

投稿文章を工夫しましょう。インスタグラムは写真がメインだと思われており、投稿文章に気を配らない人が多いです。

しかし、投稿文章を変えるだけでいいね数が倍以上になることもあります。投稿文章が日記のようなただの感想になったら読んでも面白くありませんよね。

読み手にとってもメリットがあるようね投稿文章だと、とても好印象を持ってくれます。いわゆる学びがあるような投稿文章ということですね。

上記が実際のいいね数の違いです。パンケーキを作っただけの感想ではなく、ちょっとした豆知識は読み手にとってとてもメリットがありますよね。

メリットがある投稿文章を心がけるようにしましょう。

適切なハッシュタグをつける

最後に適切なハッシュタグをつける必要があります。そもそもハッシュタグをつけないのは論外です。フォロワーではない人にリーチすることができません。

インスタグラムでマーケティングをするのであれば、間違いなくフォロワー数は必要です。フォロワー数を増やすのに、フォロワーじゃない人へのリーチができなければ、意味がありませんよね。

また、ハッシュタグを写真やあなたのターゲットと関係のないハッシュタグをつけすぎるのはよくありません。

そもそもハッシュタグは写真がどんな写真なのか知るためのものです。いろいろなハッシュタグをつけすぎることにより、写真がハッシュタグ検索にヒットしなくなってしまうんですよね。

そのため、適切なハッシュタグを5個前後つけることをおすすめします。

インスタマーケティングを失敗したくない人へ

インスタグラムマーケティングの失敗事例で紹介したようにはなりたくないですよね。マーケティングを成功させたいはずです。

その中でもコツコツとインスタグラムを運用していてもなかなかうまくいかない人もきっといますよね。

しかし、99%失敗せずにインスタグラムマーケティングの成功事例のように、来店数などを増やすことができるサービスがあります。

実際に先ほどインスタグラムマーケティング成功事例でご紹介した、「東村山のこまちうどん」さんもこのような手法を使っています。

成功させる秘訣としては、しっかりとターゲットを選定できる、自動いいねツールを利用することです。

ここで注意点がインスタグラムの自動いいねツールは、数多く存在します。ただフォロワー数を増やすことができるツールから、明確なターゲットを選定してフォロワー数を増やすことができるツールまで存在します。

インスタグラムでマーケティングを行うのであれば、明確なターゲットを選定できるツールを利用するようにしましょう。

以下の記事ではインスタグラム自動いいねツールを提供する13社を徹底比較した上で、おすすめのサービスをご紹介しています。全て実際に利用した上で評価しました。

【2019年版】インスタ自動いいねフォロワーアップ全13社徹底比較

高い安全性に詳細なターゲットを選定できるLimフォロワーアップシステムがおすすめ

インスタグラムの自動いいねツールの中で、一番おすすめなのはLimのフォロワーアップシステムです。

このシステムであれば、明確なターゲットを選定することができるため、インスタグラムでマーケティングを行うことができます。

別の会社の自動いいねツールは、ハッシュタグによるターゲティングやエリア検索のみが一般的です。しかし、Limのフォロワーアップシステムは、コミュニティでターゲッティングできたり、フォロワー数に応じてターゲティングを調整することもできるんですよ。

これらのメリットとしては、より潜在的な層に対してターゲティングができるため、より集客などに役立ちます。さらには、フォロワー数が少ない時にターゲティングをしてしまうと、狙いたいターゲット層に逃げられてしまうことがあります。

しかし、Limのターゲティングは現在のフォロワー数によって自動的にターゲティングを調整できるため、ターゲット層を逃してしまう可能性を最小限にすることができます。

Limのフォロワーアップシステムはそれだけではありません。とにかく高い安全性を誇っています。

インスタグラムは自動でいいねやコメント、フォローをしすぎると、アカウントが凍結するリスクがあります。このアカウント凍結基準は日々更新されています。

自動いいねツールによってはアカウントが凍結するリスクがあります。インスタグラムでマーケティングを行うのであれば、安心安全に運用したいですよね。

Limのフォロワーアップシステムはこのアカウント凍結基準を自動的に判別し、凍結するリスクが圧倒的に低いです。

この高い安全性も評価を受け、ライザップやソフトバンクといった大手企業をはじめ約7000社以上のアカウントが利用しています。これは業界No1のシェア率です。

インスタグラムでマーケティングを行うのであれば、Limのフォロワーアップシステムを導入して、早い成果を生み出しましょう。

Lim公式HPはこちら

Limのフォロワーアップシステムについてより詳しく知りたい人は、以下の記事で徹底的に解説していますので、よければチェックしてみてください。

【話題沸騰中】Limのインスタシステムってなに?利用者が徹底解説

まとめ

いかがでしたか?

今回は、インスタグラムマーケティングの失敗事例と成功事例を元に、成功させる秘訣を解説してきました。

インスタグラムマーケティングの事例は参考になったのではないでしょうか。フォロワーを買う行為やターゲティングを間違えると、マーケティングはうまくいきません。

集客はおろか、テーだ分析を行うこともできなくなってしまいます。そのため、正しい方法を理解してインスタグラムを活用する必要があります。

インスタグラムで集客することはそこまで難しくありません。ただ使い方がわからなくて、集客がうまくできていないだけなんですよね。

そのため、正しい方法を理解してインスタグラムマーケティングの成功事例のように、集客を実現できるようになったら嬉しいです。

-Instagram使い方

Copyright© The Marketing , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.