MEO対策

MEO(ローカルSEO)対策とは?メリットデメリット・上位表示のコツを紹介

更新日:

meo-taisaku
エンドウ
こんにちは!編集長のエンドウです。

飲食店や美容室など店舗を構えてビジネスをしている人にとって集客は命よりも大事なこと。

今の時代店舗を構えるのであれば必須であると言われているMEO。最低限の知識をもっていないと最近では集客がしづらい状況となっています。

しかし、この記事に訪れたあなたは、

「えっ、MEOってなに?聞いたことない…」
「用語は知っているけどMEOって何をすればいいの?」
「MEO対策のメリットとかデメリットってあるの?」
「具体的なMEO対策を教えて欲しい!」

なんてあなたは、思っていませんか?

MEOというのは、Map Engine Optimizationの略で、主にGoogle Mapに対する地図エンジンの最適化のことを指します。

MEOの表示が上位にくればくるほど、クリック率が高まり来店の可能性が増えます。

つまり、MEO対策をしっかりすることによってあなたの運営している店舗の売上上昇に繋がるのです。

今回の記事はMEOの基本的な知識から始まり、具体的なMEO対策の方法を紹介します。

MEOに力入れたいけど、やり方がわからない人にとってはぴったりの記事になっています。

ぜひ、この記事を読んでMEOの基礎知識を学び、店舗の売上をしっかり上げていきましょう。

それでは、参ります。

そもそもMEOってなに?

そもそもMEOというのはMap Engine Optimizationの略で、主にGoogle Mapに対する地図エンジンの最適化のことを指します。

飲食店を探すときや、美容室を探すときって、「エリア × 業種」でGoogleやYahooを使って検索しますよね。

MEO pic

例えば、「渋谷 居酒屋」とGoogle検索した場合、グーグルマップと店舗名が上位に表示されます。

この四角で囲まれている場所がMEOでの表示場所となります。

Google Mapにおいて、自社サイトがSEOと同様に、自社サイトに最適な検索キーワードにて上位表示するために行う対策の事として使われます。

また同じ意味として海外ではローカルSEO(Local SEO)という言葉が使われます。

SEOと同じように、MEOを実施する事でGoogle利用者が、検索キーワードを入力し検索した場合、上位に表示されることによって店舗の来店数を増やし、売り上げをあげることができます。

SEOとMEO・広告のそれぞれの違いって何?

そもそもSEOは、Search Engine Optimizationの略称で「検索エンジン最適化」のことを言います。

オーガニック検索結果の上位に、対象のサイトを表示させるために行っていく対策のことです。

SEOで上位表示をすることができたら、多くの人が自社のサイトに訪れてもらえるため閲覧される回数が増えるので集客にはかなり効果的と言われているんですね。

  • SEOとMEOとの違い
  • MEOとローカル検索広告との違い
  • MEOとリスティング広告との違い

の3つでそれぞれを解説していきますね。

SEOとMEOの違い

SEOとMEOの違いとしては大きく分けると、

  • 表示される場所の違い
  • 対策方法の違い
  • Googleマイビジネスに登録が必要

の3つです。それぞれをわかりやすく具体的に解説していきますね。

表示される場所の違い

検索する単語(クエリ・キーワード)によってはSEOよりもMEOの方が上位に表示されることがあります。

仮にあなたが、「新宿 居酒屋」で検索すると、下記の画像のような検索結果が表示されます。

上記の画像のように一番上にはGoogle Adwords(リスティング広告)が表示されており、その下にMEOが表示され、そして最後にSEOでの検索結果1位のサイトが表示されていますね。

当然で1ページ目の一番に上にあるお店と、2ページ目以降に見られるお店では見られ回数が違いますよね?

エンドウ
わざわざ居酒屋探すのに2ページ目なんて見られないと思っていいですよ。笑

このようにSEOとMEOでは、そもそも表示される場所が違うということです。表示される場所が違うからこそ、あなたの店舗を知ってくれる人の数も違うということです。

対策方法の違い

SEOとMEOでは対策の方法が異なります。似てる部分はありますが、そもそもできることが違うっていう感じですかね。

SEOでの対策方法としては、

  • 検索するユーザーの悩みを解決できるコンテンツを作る
  • 網羅性・権威性・専門性が評価される
  • 読みやすくてわかりやすいコンテンツ
  • …etc

・・・と話せば霧がありません。SEO対策で検索していただければわかる通り、数多くの対策方法があります。

上記の画像のように「新宿 居酒屋」で検索すると、Google上にあるコンテンツは「78,100,000件」のなかの10件に入らなくてはいけないということです…汗

しかし、MEO対策は方法がある程度限られます。

  • 上位表示を狙う単語(クエリ・キーワード)を絞る
  • 口コミを含めたコンテンツを充実させる
  • 会社情報などを掲載する

くらいであり、すぐに取り組んで効果的な対策を行うことができれば、上位表示獲得はSEOほど難しくありません。

また、SEOはコーポレートサイト(企業メディア)やキュレーションサイト、ブロガーなど、競合がとても多くしかも強いです。SEOを知らない人がいきなりコンテンツを書いても上位表示されることはほぼほぼありません。

MEOの競合は「同じエリアの同業種」になるため、競合が少なく勝ちやすいんですよね。

これらのように対策方法が容易であることから、SEOよりもMEO対策を行った方が集客には効率的である言えます。

SEOとMEOの違いを理解することで、また違った視点で集客を理解することができますよね。

Googleマイビジネスに登録が必要

MEOはGoogleマイビジネスと言われる、Googleの無料ツールに登録する必要があります。

Googleマイビジネスの登録については、この後で解説しているのでもう少し読み進めてみてください。

Googleマイビジネスの登録は、5分程度終わる簡単作業で終わります。

そのため、今からSEOの勉強して、SEOのためのサイトを作ってSEOの対策をしてと月日をかける必要がないんですよね。

SEOで対策するよりもMEO対策を行った方が簡単に作業でき流のでおすすめです。

MEOとローカル検索広告との違い

ローカル検索広告とは、MEOの検索結果の中に表示される広告です。

上記の画像のように、「新宿 居酒屋」で検索し、上位に広告と書かれているものが、ローカル検索広告です。

コンテンツをある程度充実させることで、MEO検索のなかの最上位に表示させることができます。

しかし、通常のリスティング広告と同じ仕組みになっているため、検索する単語(キーワード・クエリ)と関連する内容でなければ、他の広告に負けてしまい、表示されないこともあります。

検索する内容とコンテンツが共通しているかどうかが重要になります。

MEO対策を行えば検索した時に一番最初に表示されますが、ローカルSEO検索広告は、「さらに表示」をタップしなければ表示されません。

また、広告を出稿するわけですからキーワードのクリックに対してお金を支払います。つまり、表示させるためにはある程度の予算が必要ということです。

MEOは無料で行うことができますが、ローカル検索広告は有料になる違いがあります。

MEOとリスティング広告との違い

リスティング広告は、キーワードを登録してそのキーワードで検索が行われた際に、表示される広告になります。

上記の画像のように、「新宿 居酒屋」で検索すると、リスティング広告が表示されています。

このリスティングターゲットを絞って広告を出稿することができるのが特徴です。

CMなどでは誰がみているかわからないところに広告を出稿することになりますが、リスティングは検索するユーザーのニーズが明確になっているため、高い成果を出すことができるんですよね。

こちらも広告になるため、クリック1回につき広告運用担当者が設定した金額を支払わなければいけません。

費用は、キーワードやその時のオークションによって異なるため一概に決まってはいないです。

MEO費用をかけずに行うことができますが、リスティング広告はある程度の予算が必要になる、つまりは、先ほどのローカル検索広告と同じということですね。

以下の記事では、MEOと広告の違いについて詳しく解説している記事ですので、詳しく知りたい人はチェックしてみてください。

MEOと広告は何が違う?MEOだけの4つのメリットを紹介!

MEO対策とは?

meo

冒頭でも説明しましたが、そもそもMEO対策とは「Map Engine Optimization」の略でマップエンジンの最適化を意味します。

簡単にいうと、Googleマイビジネスに登録後色々と対策を行なって上位表示を狙おうということですね。

「新宿 居酒屋」や「近くの居酒屋」など、今いるエリアから近いお店や施設を探す際にユーザーが使う検索方法です。

スマートフォンの普及に伴い、ローカル検索を用いてお店を探す人が急増しているのと、お店を探している人いわゆる「見込み客」に対してあなたのお店をプロモーションすることができるんですよね。

この「見込み客」をお店への来店に繋げることができるので、MEO対策の注目度が飲食店をはじめ、美容院などの店舗型ビジネスの人たちから高い人気を誇っています。

MEO対策をしたら何が良くなるの?悪い点は?

MEO対策したら、何が良くなるのかまたは、何が良くないのかをしっかり理解しておくことも重要になってきます。

以下で詳しくMEO対策のポイントをお話しします。

MEO対策したら良くなるポイント(メリット)

  • 人々に認知される可能性が高まる
  • 上位に表示され、集客数が上昇する
  • 売り上げが上昇する

大きくこの3つがMEO対策のメリットです。

MEO対策を行えば、Googleのマップ検索の上位に表示されるため人々に認知される機会が多くなります。

その結果、お店への来店人数が上昇して、売り上げが上がることに繋がるのです。

現在Googleで「エリア×業種」のキーワードで検索してMEOが表示された場合のクリック確率(CTR)は73%に登ります。

つまり検索している人の100人に73人は、店舗のMEO情報にアクセスするのです。

「お店の路上に看板を出していてもお客さんは来ますか?」
「広告とかにお金を払っても、どれくらいの人が見てくれるのですか?」

この驚異的な数字をもつ、MEOに力を注がないのはもったいないです。

しかも、MEO対策は誰でも簡単に設定できるので、まだ対策をしていない人は、すぐに設定をしましょう。

MEO対策の悪いポイント(デメリット)

じゃあ、逆にMEO対策して悪いことあるの?って話ですよね。

ぶっちゃけると、MEO対策して悪いことなんて一つもありませんが強いて言うなら以下の2つになります。

  • 結果が出るまで少し時間がかかる
  • 毎日コツコツやる必要がある

MEOは、結果が出るまで少し時間がかかり、だいたい1~3ヶ月くらいかかると言われています。

なぜなら、Googleの検索ロボットがあなたの更新情報までたどり着くのが1~3ヶ月くらいかかるからです。

そして、日々の口コミの返答や、キーワードの分析をする必要があるので毎日コツコツやらないと上位にあげることは難しいですね。

最初が簡単に設定ができる分、毎日の更新を怠らずに行えることがとても大切です!

簡単に設定できるって言ったけど、どうやればいいの?と思ったあなた、次で具体的なMEO対策の方法を画像付きで説明していきます。

具体的にMEO対策ってどうやればいいの?

MEO対策はすごく簡単で、

  • Googleマイビジネスに登録する
  • ターゲットユーザーが検索するであろう関連キーワードの選定
  • コンテンツを充実させる
  • SNS上などで話題になる(サイテーション)

の4つです。Googleマイビジネスの登録は簡単です。Googleマイビジネスという登録フォームに登録してしまえば完了になります。

今からその方法を画像で解説していきますね。それぞれの方法も具体的に解説していきます。

Googleマイビジネスに登録する

まず以下のURLからGoogleマイビジネスのTOPページを開いてください。(新しいタブで開くと見ながらできるので便利ですよ!)

https://www.google.com/intl/ja_jp/business/

GoogleマイビジネスのTOPページを開けたら、右上にある「ご利用開始」を押して下さい。

あなたの「ビジネス名」を入力しましょう。

店舗名+最寄駅+〇〇と言う感じ、関連性の濃くて連なったキーワードを入力しましょう。

例えば、「ザマーケカフェ+新宿駅+コーヒー」など。

「ビジネス所在地」(住所)を入力して下さい。

こちらで候補が出てくるので、候補に出てきたら指定して、候補に出てこなかった場合は自分で選んで決定してください。

そしてマップが出ていくるので、正確なマップの位置にピンを指してください。

「サービス提供地域」を指定してください。

あなたの店舗、またはビジネスの「最も適切なカテゴリ」を指定しましょう。

お使いの商品などのカテゴリを指定しましょう。

「連絡先」を記入してください。

ありましたら、ウェブサイトのURLも記入してみましょう。

「常に最新情報を入手」に、「はい」「いいえ」を選びましょう。

全てが完了したのであれば「終了」をクリックしましょう。

以上で、Googleマイビジネスの登録が終わりです。

難しい操作なんて一切しませんでしたよね?

このようにGoogleマイビジネスは誰でも簡単に登録ができちゃいますので、まだ登録できてない人はこの流れの通り、設定しちゃいましょう。

ターゲットユーザーが検索するであろう関連キーワードの選定

Googleマイビジネスに登録が完了したら、ターゲットユーザーが検索するであろう関連するキーワードの選定を行う必要があります。

例えば、あなたが新宿で焼き鳥居酒屋を運営しているとしましょう。

新宿で焼き鳥居酒屋を運営しているのであれば、

  • 新宿 居酒屋
  • 新宿 焼き鳥 居酒屋
  • 新宿 焼き鳥 個室
  • 新宿 焼き鳥 安い
  • 新宿 焼き鳥 デート
  • …etc

などの店舗と関連するキーワードをまずは洗い出す必要があります。

洗い出した後は、どのキーワードで上位表示を狙うのかを選定していくとという感じになりますね。

単純に、「新宿 居酒屋」のキーワードは競合相手が多いため上位表示獲得の難易度は上がります。しかし、「新宿 焼き鳥 朝まで」などの3つのキーワードの方がユーザーニーズも絞られて、競合が少なくなる可能性があります。

競合相手が少ない方が上位表示獲得が容易になるんですよね。

そのため狙いたいキーワードを選定するということです。

コンテンツを充実させる

MEO対策でキーワードが選定できたら、後はコンテンツを充実させる必要があります。

なぜなら、上位に表示させるためにはコンテンツの充実度が必要だからですね。

コンテンツを充実させるには、

  • 写真枚数の増強
  • Webページの情報強化とSEO強化
  • ビジネス情報(営業時間や電話番号など)

の3つです。

まずは、Googleマイビジネス上に写真を増やす必要があります。飲食店であれば料理の写真や店内の雰囲気がわかるような写真を追加していきましょう。

醜い写真だと見込み客の来店に繋がらないので、ターゲットユーザーがあなたのお店にいきたいと思える綺麗な写真を撮影するようにしましょう。

写真の撮り方としては、アングルを統一したりライトを使って明るくしたりできるといいですね。

次に、Webページの強化を行いましょう。仮にお店に来店したいと思ったとして、Webページの情報が薄っぺらいとユーザーとしてそのお店にいきたいとはなりません。

そのため、お店の情報を盛りだくさんにして強化することで、ユーザーの満足度が高まり、Googleからも評価されて上位表示獲得に繋がります。

最後に、ビジネス情報を追加しておきましょう。

ユーザーが検索を行い来店したいと思ったときにビジネス情報は必要になりますよね。営業時間や電話番号、住所など必要な情報を盛り込むだけ盛り込んでおきましょう。

これでMEO対策はある程度完璧です。

情報を追加したら終わりではなく、1ヶ月に1回や2ヶ月に1回は最新情報に更新するようにすることをおすすめします。

ターゲットユーザーのことを考えると、1年前に更新されているサイトよりも1ヶ月前に更新されているサイトの方が信用できますよね。そのため最新情報に更新されている店舗の方がGoogleからも評価されます。

更新頻度を高めて上位表示獲得に繋げましょう!

SNS上で話題になる(サイテーション)

サイテーションとは、SEOの業界ではリンクはないが、お店などの名前がブログ等に書かれる(言及される)ことを言います。

サイテーションはGoogleマップの検索やMEOで用いられ、上位表示に大きく関わってくるものと考えられています。

このサイテーション施策をすることによって、SNSやブログでの話題性を広げお店の来客が増加することになります。

代表的なものとして

  • SNS
  • エキテン
  • HotFrog

があります。

この3つに登録は必ずしないとMEOで上位は狙えないんじゃないかと思うくらい大切なサイトです。

以下で詳しく説明していきますので、読み進めてみてください。

SNS

SNS画像

サイテーションでもっとも重要なものとしてSNSの話題性があります。

例えば、あなたがラーメン屋さんを経営してたとしてそのラーメンが美味しすぎて、ツイッターでバズった(たくさん拡散されること)とします。

その際、サイテーションとしてSNSの話題性がある店舗としてMEOの評価も高くなります。

インスタグラムで投稿して、その記事にたくさんいいねがついたり拡散されても、MEOの評価が高くなります。

このように、SNSを活用して多くの人たちにリーチすることができれば、SNS経由からの来店もそうでしし、MEOの評価も上がって集客数が増えるので一石二鳥ですね。

MEOで評価をあげたいのであれば、SNSと併用して利用することは非常におすすめの施策となります。

エキテン

エキテンは、国内最大級の店舗専用口コミランキングサイトになります。

あなたの行きたい店舗を口コミで探して、予約できるサービスであらゆる業種17万店舗の口コミが閲覧可能です。

お客様のリアルな口コミを閲覧することができるので、本当に良いお店をあなた自身で探すことができるので、とても便利なサイトになります。

あなたのお店がエキテンで多く口コミ評判が記載されていけば、サイテーションの効果も高まり、MEO対策に大きく繋がります。

エキテン公式サイトは以下のリンクからどうぞ。

エキテン

HotFrog

HotFrogは、無料で企業情報を登録できるサイトです。

無料で、あなたの店舗情報や会社情報を登録して、多くの人たちにアピールをすることができます。

サイテーションとしてもとても効果があるので、まだHoTFrogに登録していない人は今すぐに登録しちゃいましょう!

HotFlog公式サイトは以下のリンクからどうぞ。

Hotfrog Japan

以下の記事では、MEO対策のやり方や上位表示獲得の方法を解説しています。完全攻略ガイドになるため、以下の記事の内容を実行できれば、上位表示獲得ができることでしょう。

詳しく知りたい人はぜひチェックしてみてください。

→Cooming Soon…

株式会社Limでは、このMEO対策(ローカルSEO)を行なっています。プロにお任せして上位表示獲得を高確率で狙うことができます。

LimのローカルSEOについて詳しく知りたい人は、以下の記事で解説していますのでぜひチェックしてみてください。

店舗のインスタ活用がGoogle SEO/MEOにも効果絶大な理由【元Google社員が語る店舗集客必勝法】

MEO対策会社・の料金一覧とおすすめTOP3

会社名 サービス名 料金(月額)
株式会社Lim Japan Lim MEO 19,800円
株式会社ヒロタケ 成果報酬型MEO対策 32,000円(※1)
株式会社トリニアス MEO対策ナビ 46,500円
株式会社Reyes MEO事業 78,000円
GMOソリューションパートナー株式会社 MAP検索最適化サービス 31,500円
株式会社コーボー 商圏一人勝ちのWEBプロモーション 21,700円(※1)
株式会社グランネット ターゲットMEO 要問い合わせ
株式会社シェアコト MEO-JAPAN 20,000円(※1)
株式会社ニューライフ MEO対策 45,000円
株式会社 CIN GROUP 成果報酬!MEO対策 30,000円
MARQS株式会社 MARQS 46,500円(※1)
株式会社バリューコネクト MEO SUPPORT 要問い合わせ(※1)

※1:成果報酬型になるため月額費用は変動いたします。

上記の表がMEO対策をサービスとして扱っている会社の一覧です。成果報酬型から月額固定型のサービスなど様々です。

会社を選ぶ際はしっかりとあいみつをとって予算が低く、成果を出せる会社かどうかチェックしてから決めるようにしましょう。

The Maketingでは、MEO対策を行なっている会社のなかで、12社の中から「値段・サービス・キーワード数・実績」を考慮しておすすめTOP3を選びました!

  • 1位:株式会社Lim Japan
  • 2位:GMOソリューションパートナー株式会社
  • 3位:株式会社ヒロタケ

になりました。それぞれを簡単にご紹介していきます。

株式会社Lim Japan

Limはインスタグラムの自動フォロワーアップシステムを開発しており、その知見を活かしMEO対策も人工知能を使ってMEO対策を行なってくれます。

とても優秀な人工知能を使い最適な検索キーワードを見つけて、あなたの店舗情報を上位に表示させてくれるんですね。

一般的なキーワードだけではなく、隠れたキーワードを見つけてくれるため、非常にMEO対策として優秀と言えるでしょう。

サービス開始から月日は立っていませんが、3000社以上の企業と取引の実績をもち、84%以上の会社で成果が出ています。

LimのMEO対策について詳しく知りたい人は、以下の記事で解説していますのでよければチェックしてみてください。

店舗のインスタ活用がGoogle SEO/MEOにも効果絶大な理由【元Google社員が語る店舗集客必勝法】

GMOソリューションパートナー株式会社


出典元:https://gmo-sol.jp/doc/meo/

2位はGMOソリューションパートナー株式会社のMAP検索最適化サービスです。

何と言ってもGMOの子会社が運営する会社のため大手企業であることから安心感が最大のメリットです。

価格的にも一般的な価格で、ある程度知名度がある企業だからこそ、安心して利用できることで2位になりました。

株式会社ヒロタケ


出典元:https://h-web360.com/service/meo

3位は株式会社ヒロタケの成果報酬型MEO対策です。成果報酬型だからこそ、成果が上がった時に料金が発生します。

こちらのサービスは、MEOの対策だけでなくレポート機能を用いることでGoogleマイビジネスに登録しなくても、順位をチェックできます。

専用の管理画面で順位状況などをチェックできるので、初心者の方でも使いやすいため3位となりました。

以下の記事では、MEOの料金から成果報酬型など様々な企業・代理店を一覧にまとめています。

企業の調査を行いたい人など、気になる方はチェックしてみてください。

→Coming Soon…

LimのMEO対策は3000社以上が導入し84%で上位表示の成功実績が多数

先ほども簡単にご紹介しましたが、LimのMEO対策では3000社以上の企業との取引実績を誇っています。

3000社のうち84%以上が上位表示獲得の実績を誇っています。

MEO対策での実績事例として、某美容院様では2019年3月4日からMEO対策をスタートし、10前後のアクセス数が25前後まで伸ばすことができました。

申し込んでからアクセスうの伸びがかなり増えていますね。

上記の画像をみてわかる通り、LimのMEOでは実績を出すことができるのは間違いないと言ってもいいでしょう。

以下の記事では実際の成功事例を元に、MEO対策のやり方を解説しています。読むだけでも参考になる記事ですので、ぜひチェックしてみてください。

→Coming Soon…

MEO対策をしたい人におすすめなのはLimのローカルSEO

先ほどLim MEOの実績をご紹介しましたが、LimのローカルSEO対策では具体的にどんなことができるのか、紹介しておきますね。

Lim MEOでは、

  • アクセス解析
  • コンテンツ分析
  • 被リンク分析

サイトやマップ画面へのアクセス数もMEO対策として重要です。Limでは人工知能でのアクセス解析をしており、アクセス数を伸ばすことで上位表示されやすくなります。

さらにコンテンツ分析を行い、タイトルや詳細、またサイト内のKWを人工知能が分析を行い、確実に上位表示できるKWを分析してくれるんですよね。

そして最後に、被リンク分析を行い現状どのようなサイトからリンクをもらっているのかを分析してくれます。

これら3つの分析を行い、MEOでの上位表示獲得ができます。

Lim MEOについて以下の記事で詳しく解説していますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

まとめ

今回はMEO対策について解説してきました。

MEOとは、Map Engine Optimizationの略で地図エンジンの最適化であり、見込み客を獲得できるようになります。

スマートフォンの普及により、ローカルSEOは高い注目を集めていますね。

店舗型ビジネスを行なっている、飲食店や美容院、施設などはMEO対策を必ず行なったほうがいいでしょう。

この記事がMEOについての理解を深め、MEO対策を行うことができビジネスの収益に繋がったら嬉しいです。

-MEO対策

Copyright© The Marketing , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.